離婚までの道のりⅢ

 

 

 

こんにちは LINDAです。(^O^)/

 

 

 

離婚までの道のりⅡ の続きです。

 

 

 

私が離婚を 考えている

2年の間

旦那と 向き合って

離婚の話しは していませんでした。

 

 

ギリギリまで

修復しようと 思っていたので。

 

 

 

2年というのは

自分の答えを 出すのに

かかった というだけで

 

 

本格的な

離婚の話しを 切り出す

前段階の 期間でした。

 

 

スポンサードリンク


 

 

どんなに 修復しようとしても

上手く行かなかった という事は

 

もちろん旦那も

穏やかな日々を

送っていた わけではなく

イガイガな 毎日。

 

 

子供達に 悟られないように

細心の注意を 払ってはいましたが

 

ちゃーが 中学1年生

びっちゅが 小学4年生

 

この頃 ついに

 

感情が

抑えられなく なったんでしょうね。

 

 

旦那が 子供達に

辛く 当たる事が

多くなってきました。

 

 

子供達の 気持ちを

とにかく 大事にしてきた 私にとって

 

これはどうにも 許せない事。

 

 

 

その事が 原因で

さらに ケンカは

エスカレートして行きました。

 

 

 

 

そして ある日。

 

 

 

みんなで 夜ご飯を 食べていた時

子供の事で ケンカになり

 

ものすごく エスカレートして

旦那がキレて

 

手が付けられなく なりました。

 

 

 

もう 私を

殴る勢いにまで なってしまい

 

とっさに 子供達に

 

2人で 脱衣所に行って!

 

と。

 

 

パパがママを 殴る所なんて

見せたら

 

それこそ 父子関係に

修復できない溝が 生まれてしまう。

 

 

そんな事に なったら

子供達の 父親への気持ちを

守れなくなっちゃう。

 

もう 必死でした。

 

 

 

殴られる事は ありませんでしたが

その後も

旦那の怒りは 収まらず

 

 

怒鳴り散らして 物に当たり・・・

 

それを 子供達は

狭い脱衣所で 聞いているのに・・・

 

 

どうにか 冷静にさせなくちゃと

妹の旦那に 来てもらおうと

電話をしますが 繋がらず。

↑たまたまこの日だけ

電話の調子が悪かった。

 

 

 

結局

警察を 呼ぶ事にしました。

 

 

警察を呼んだ所で 民事不介入なので

何かしてもらえるとは

思っていませんでしたが

 

とにかく冷静にさせないと

と 思って。

 

 

でも 結果は

 

旦那は 警察にも 悪態をついて

警察も どうする事もできず

 

何の効果も 無いまま

お引き取り頂く事に。

 

 

 

しょうがないので

 

とにかく 出ていって。

 

という事だけ 伝えて

私も

子供達のいる 脱衣所に。

 

 

 

狭い 脱衣所で

びっちゅは 泣いていて

ちゃーは泣くのを 我慢していて。

 

 

私は

びっちゅを

抱きしめながら

 

まったく!

困っちゃうね! ┐( ̄ヘ ̄)┌

 

と 言いながら

 

平静を装って 笑いました。

 

 

脱衣所 暑いね!

 

お母さん 警察 呼んだの?

 

そう! 呼んだんだけどさ!

意味 無かったよねー!

 

聞こえてた。

パパ 文句言ってたでしょ?

 

びっちゅも 聞こえた。

 

警察官に あんな風に言ったら

ダメだよねぇ!

 

大丈夫。

もうすぐ 終わるからね。

 

そういえば

ご飯の途中 だったよね

 

ごめんね! お腹すいた?

 

お母さん・・・

今は ご飯とかさ ( ・_・;)

 

びっちゅも 大丈夫 (^▽^;)

 

 

普通の 会話のように

子供達と 話していたら

 

そのうち 静かになって

 

人の気配が

無くなったよう だったので

様子を見に行くと

 

旦那の姿は ありませんでした。

 

 

もう 出てきていいよー!

 

と 子供達を 脱衣所から出し

とりあえず 一息。

 

 

 

改めて

部屋を 見渡してみると

 

旦那は 相当

パニックに なっていたようで

 

私の お財布や ケータイ

ちゃーの ケータイまでも

無くなっていました。

 

 

 

この事で

微塵の迷いも 無くなった私は

子供達に

 

ちょっと

ママの前に 座ってくれる?

 

今日は ごめん!

こんな事になって ホントにごめん!

 

 

ママはもう パパとは一緒に

暮らせないと 思うの

 

 

だから 今日から

3人で暮らして行きます!

 

 

明るく 楽しく!

3人で暮らそうと思う!

 

 

ママ 頑張るから!

一緒に 頑張ろ!

 

うん! 頑張ろ!

 

びっちゅも 頑張る!

 

イェーイ♪

 

と なりました。

 

 

今さっきまで 修羅場だったのが

嘘のように

明るく 盛り上がっていました。

 

 

子供達も きっと

現実に 起こった事に

 

頭がついて

行かなかったんだと思います。

 

 

私も 何が正解なのか

もはや わからなくなっていて

 

とにかく 子供達を

安心させたい 一心でした。

 

 

お母さん!

の ケータイも

無いんだけど (^▽^;)

 

ちゃーの 持ってって

どうするつもり なんだろうね!

 

 

なんて 話していた時

 

玄関の チャイムが

ピンポーン! と。

 

 

スポンサードリンク


 

 

え? 戻ってきたの?

嘘でしょ?

 

 

と 玄関の ドアスコープを見ると

 

そこには 妹が・・・

 

 

どうしたの!

 

どうした じゃないよ

LINDAちゃん!

 

どうしたのよー!(´;ω;`)

 

と すでに泣いていて・・・

 

 

 

家を出ていった 旦那が

車に 乗ってから

ようやく少し 冷静になれたようで

 

やってしまった事と

持ってきてしまった

意味の無い物に 気づき

 

どうしていいか わからず

 

「これを 返して欲しい」

 

と 妹の家に

行ったんだそうです。

 

 

 

子供達の前で

妹と冷静に 話す事は

無理そうだったので

 

 

子供達に

 

ママ ちょっと

車でお話し してきても大丈夫?

(*^▽^*)

 

うん いいよ

 

大丈夫だよ

 

すぐ外に いるからね!

テレビ 見てて〜♪

 

わかったー。

 

そう言って 妹の車へ。

 

 

 

車に乗って ドアを閉めたら

 

もう涙は 止まりませんでした。

 

 

スポンサードリンク


 

 

もう びっくりしたよー

LINDAちゃん 大丈夫?」

 

うん。大丈夫じゃない

心配かけてごめん。

 

でも 大丈夫じゃない・・・

 

 

泣きながら 一通り 説明をして

 

何で電話 通じないの?(´;ω;`)

何回も かけたのに

 

え? うち電話 通じないの?

 

通じなかったよーー!(>_<)

 

ごめーん!

知らなかったんだよー (>_<)

 

これから どうするの?

 

別れるよ。

もう 決めたよ。

 

 

妹は

私がずっと 悩んでいたのを

知っていたので

 

そっか。

今日のが 引き金になっちゃったか。」

 

そうだね。

立派過ぎる 引き金だったよね。

 

妹は

 

あたしも一緒に 頑張るから

LINDAちゃん。頑張ろ!

 

と言って

帰って 行きました。

 

 

 

私の決心は 固まり

旦那は 罪悪感にかられ

 

このまま 離婚できるはず

 

だったんですが・・・

 

 

そうはいかない 事態に

陥ったんです。

 

 

 

離婚までの道のりⅣへ続きます。

 

 

 

LINDA

 

ぽんと応援おねがいします♪

  

                   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

0

コメントを残す