いじめた子供の親としてⅠ

 

 

 

 

こんにちは LINDAです。(^O^)/

 

 

 

びっちゅが小学1年生。

 

まだ入学したばかりの

1学期の事だったと思います。

 

 

 

夜8時頃

保育園でも一緒だった

ゆう君のママから電話がありました。

 

 

保育園は同じだったけれど

びっちゅはゆう君と

かかわる事は ほとんど無く

 

私とゆう君ママも

会えば普通に

おはよー (^o^)

と挨拶をする程度でした。

 

 

1年生になり

びっちゅとゆう君は

同じクラスになりました。

 

 

 

もしもし? ゆう君ママー?

どうしたのー? (*^▽^*)

 

「あの・・・」

「ちょっと言いづらいんだけど・・・」

 

えー? なになに?

(*^。^*)

 

「あの・・・うちのゆうがね・・・」

「びっちゅちゃんに」

「いじめられてるみたいなの・・・」

 

 

 

え?

 

 

 

スポンサードリンク


 

 

突然言われて

ものすごく びっくりしました。

 

え? びっちゅが?

 

「うん。」

「今日の帰り 学童までの道が一緒で」

 

「学校から学童に行くまでの間中」

「何人かの女の子達が ずーっと」

 

「ゆう!死ね!死ね!」

「とか」

 

「どっか行け!」

「って言い続けてたみたいで」

 

「その中に」

「びっちゅちゃんもいたって」

「ゆうが言ってて・・・」

 

えっと・・・

 

 

 

最初は信じられなくて

言葉が出ませんでした。

 

びっちゅは

イタズラしたり

甘えん坊だったり

わがまま言ったり

 

そいういう事は沢山あったけど

陰湿な事をするタイプでは無いと

思っていたので

 

かなりのショックでした。

 

 

でも

そんな事を言っている場合ではない。

 

 

 

ごめんね えっと・・・

1回びっちゅに

確認してみてもいい?

 

それから折り返し

電話してもいいかな?

 

ちょっと時間かかっちゃうかも

しれないけど

 

必ずかけるから。

いいかな?

 

「うん。」

「じゃー待ってるね。」

 

うん。ごめんね。

 

と一旦 電話を切りました。

 

 

 

 

びっちゅ。ちょっとおいで。

 

びっちゅを私の前に

座らせました。

 

びっちゅ。今

ゆう君ママから

電話があったんだけど

 

びっちゅの顔が

瞬時に強張りました。

 

今日の帰り

ゆう君と 一緒だった?

 

うん・・・

前 歩いてた・・・

 

びっちゅは誰といたの?

 

〇〇ちゃんと〇〇ちゃんと・・

 

びっちゅの他に

3人くらい いたようでした。

 

みんなで何した?

 

(・△・;)

 

みんなでゆう君に 何した?

 

(´;ω;`)

 

みんなでゆう君に

死ねだの どっか行けだの

言ったのは本当?

 

・・・・(´;ω;`)

 

そういう事 したの?

 

しちゃった・・・

 

 

 

バシッ!

 

 

お前!何やってんだ!

 

言っていい事と

悪い事の区別くらい

わかんだろーが!

 

ごめんなさい!

 

自分が言われたら

どんな気持ちになるの!

 

お前が死ねって言われたら

どんな気持ちになるんだよ!

 

お前はそれでも

笑って学校に行けんのか!

 

このばかたれが!

 

 

ごめんなさい!

ごめんなさい!

 

私はバシバシ

びっちゅを叩きながら

叱りました。

 

 

お前がやった事は

絶対許されない事だよ!

 

ゆう君がどんな子だろうと

何をしてようと関係ないから!

 

お前の言葉が

どんだけ人を傷つけたのか

わかってんのか!

 

大事に育てた子供に

死ねって言われた

ゆう君ママの気持ちが

お前にわかるか!

 

お前がゆう君だったら

どう思うんだよ!

 

人に使う言葉じゃないだろーが!

 

 

ごめんなさい!

ごめんなさい!

 

びっちゅは

叩かれ続け 泣きながら

謝り続けていました。

 

 

 

ゆう君トコに電話かけるから

謝りなさい。

 

ゆう君ママにも

謝りなさい。

 

は・・ヒック い・・

 

 

 

スポンサードリンク


 

 

ゆう君ママに電話をして

 

遅くなって ごめんね。

びっちゅに確認したんだけど

 

びっちゅ 言ったんだって・・・

 

傷つけちゃって

本当に ごめんなさい。

ゆう君 大丈夫?

 

「うん。」

「今はテレビ見て普通にしてる。」

 

「でも」

「これが続いちゃうのは」

「困るなと思って・・・」

 

そうだよね・・・

2度とこんな事にならないように

ちゃんと わからせるから。

 

びっちゅに 謝らせたいんだけど

ゆう君に代わってもらっても

いいかな?

 

「うん。ちょっと待って」

 

「もしもし・・・」

 

ゆう君?

今日はごめんね。

 

すごくイヤな思いさせちゃって

本当にごめんね。

大丈夫?

 

「うん。大丈夫。」

 

びっちゅにちゃんと

謝らせたいんだけど

電話代わっても いいかな?

 

「うん」

 

びっちゅに

受話器を渡しました。

 

ゆ・・う?

今日・・・は・・・

ごめんね・・

 

もうぜ・・ったい・・・

・・わない・・か・・ら

ごめん・・ね

 

ママにも謝りなさい

 

う・・ん

ママ・・に

かわって・・?

 

ゆう・・君ママ・・・

ごめ・・・んなさい

もう・・しません・・・

 

 

その後

私が電話を代わり

 

改めて

申し訳なかったという事と

 

教えてくれてありがとう

という事を話しました。

 

 

ゆう君ママは

納得してくれたようでした。

 

 

 

びっちゅは

嗚咽が治まらず

泣き続けていました。

 

 

びっちゅに本気で

手を上げたのは

これが初めてでした。

 

 

スポンサードリンク


 

 

びっちゅ?

 

い・・

 

びっちゅは

ママがびっちゅの事を

すごく大事にしてる事

 

わかってないの?

 

わかて・・る

 

ママは びっちゅが

凄く大事なのに

可愛くてしょうがないのに

 

その可愛い びっちゅが

人に使っちゃいけない言葉で

人を傷つけたんだよ?

 

ママどう思うと 思う?

 

悲しいと・・思う

 

そうだよね

すっごいショックだよ!

 

それ わかってて

何でこんな事した?

 

みんなが・・

言ってたから・・・

 

じゃーみんなが

人を殴ってたら

お前も殴るんだね?

 

違う・・けど・・・

 

お前が言ってるのは

そういう事だよ

 

みんながやってるから自分も

っていうのは合ってるの?

 

それ正しいの?

 

間違てる

 

いい? びっちゅ

 

今日は みんなが

言ってるからって

 

軽い気持ちで

やっちゃったかも

しれないね。

 

でもね

その軽い気持ちで

何人を傷つけたと思う?

 

ゆうと・・ゆう君ママ

 

違うよ

びっちゅがやった事で

 

ゆう君のパパも傷ついたし

ゆう君の妹も傷ついた

 

ママも傷ついたし

パパも傷つくし

ちゃーも傷つく

 

ゆう君を大事に思ってる人

びっちゅを大事に思ってる人

 

みんなが傷ついたんだよ

 

びっちゅも傷ついたはずだよ

 

人に意地悪したら

自分の知らないうちに

自分も傷ついちゃうんだよ

 

ママの言ってる事わかる?

 

ッ い・・・

 

ホントッ ごめんなさい

もうしませ・・ん

 

絶対ッ しませ・・ん

ごめんッ 

 

今日じゃない日にも

意地悪した事あるの?

 

・・

 

ホントだね?

 

ん・・

 

ママは信じていんだよね?

言うなら 今のうちだよ

 

ホント

やってッ ッ 

 

じゃー信じるからね

 

いい?

2度目はないよ?

 

ッ ッ 

 

今日びっちゅがした事は

ケンカでも何でもないからね

 

びっちゅがした事

ただの いじめだからね

 

次があったら

こんなもんじゃ済まないよ

 

ママは絶対許さないから。

わかった?

 

ッ  

 

もし びっちゅが

誰かに 死ね!って

言われたら

 

ママはその子を

許すと思う?

 

ッ ッ ない

 

そういう事だよ

 

びっちゅがしたのは

そういう事だからね

 

よく覚えておきなさいよ

 

。゚(*ノДノ)゚。わ~ん

ママ

ホントッ ごめんなさい

 

ごめんなさいーー!

。゚(*ノДノ)゚。わ~ん

 

 

 

じゃーもう遅いから

寝る準備して寝なさい

 

・・い・・

 

 

びっちゅは すごすごと

寝る準備をして

布団に入り

 

布団の中でも

ヒックヒックと

嗚咽しながら

泣いていました。

 

 

続きは いじめた子供の親としてⅡ で。

 

 

LINDA

 

ぽんと応援おねがいします♪

  

                   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

0

コメントを残す