子供の習い事 大事なのは辞め方Ⅴ

 

 

 

こんにちは LINDAです。(^O^)/

 

 

子供の習い事 大事なのは辞め方Ⅳ

の続きです。

 

 

びっちゅ中学1年生。

 

10月の大きな大会で

演武と

板割りをする事になりました。

 

 

演武とは

極真の型を披露する事です。

 

板割りは

相手の方に板を持ってもらって

突きや蹴りで 板を割ります。

 

 

でも

びっちゅの通っている

道場では

板割りをしていませんでした。

 

なので

合同練習も兼ねて

神奈川県の道場に

練習しに行く事になり

 

 

スポンサードリンク


 

 

ママ! 神奈川の道場で

板割りの練習するって!

(*゚▽゚*)

 

Σ(゚∀゚*) 神奈川県!?

 

極度の方向音痴の私・・

 

あと 誰が行くの?

 

あたしだけだよ?

板割りするの

あたしだけだもん!

 

うちの道場からは

びっちゅ1人か・・・

 

初めての場所に

びっちゅと2人・・・

 

全く辿り着ける気がしない

(´・ω・`;)

 

 

そこで ちゃーに

お願いする事にしました。

 

ちゃー♪

びっちゅの合同練習

一緒に行ってくんない?

 

ママと びっちゅじゃ

辿り着かないと思うの

(〃^∪^〃)

 

いいよ (^▽^;)

↑当時 高校1年生

 

 

残暑が厳しく めっちゃ暑い中

3人で行きました。

 

練習させてもらった道場も

負けず劣らずの狭い所で

 

子供達もたくさんいて

熱気ムンムンでした。

 

びっちゅも汗だくになって

型の練習をし

 

初めての板割りも

させてもらいました。

 

 

その後も練習を続け

やってきた当日。

 

 

スポンサードリンク


 

 

代々木競技場 第二体育館。

広っ! でかっ!

 

 

びっちゅ〜

こんなデカいトコで

ビシっと決めたら

 

ちょーカッコイイね!

(*^。^*)

 

うん!

 

コレは 度胸つくよねー♪

 

うん! 頑張る!

(*゚▽゚*)

 

びっちゅは

割と落ち着いていて

 

そんなに

緊張をしている感じでは

ありませんでした。

 

その後

選手と保護者は別行動。

 

私は保護者席で

出番を待ちます。

 

会場で買ったパンフレットにも

ちゃんと

びっちゅの名前があり

わくわくしていました。

 

 

会場はこんな感じ↓

 

 

最初の演武は

少年部からで

びっちゅ達は周りにいました。

 

びっちゅがどの位置にいるのか

始まってみないと

わからなかったんですが

たまたま目の前でラッキー♪↓

 

 

そしてびっちゅ達の演武。

 

他の道場代表の子達と

一緒です。↓

 

 

練習の成果

ちゃんと出ていました。

 

 

そしてついに 板割りの時。

 

事前に打ち合わせ等もなく

ぶっつけ本番な

感じだったそうで

 

舞台に上がってから

そこにいる師範達と

 

板の角度や 高さ 割る順番

どこを突きで割って

どこを蹴りで割るのか

という話をしたそうで

 

四方を先生に囲まれ↓

 

 

びっちゅ 4枚も割るの!?

Σ(゚∀゚*)

 

本番まで知らなかったので

ちょーびっくり!

 

4枚の板を次々と

中段突きや 蹴りで割っていき

最後は裏拳で

 

全てを見事

1発で決めました♪↓

 

 

会場からは

たくさんの拍手と

 

「すげぇ!」

「割った!割った!」

 

「怖え〜〜!」

 

という感想を頂きました 笑

↑私の近くにいた他の道場の男の子達

 

 

すーごくいい経験でした。

 

びっちゅが人前に出ても

物怖じせず

たいして緊張もしないのは

 

この時の経験が

かなり大きかったと思います。

 

 

その後

極真空手へのモチベーションを

保ったまま

びっちゅは2年生になりました。

 

 

2年生になると

また少し事情が変わり・・・

 

 

スポンサードリンク


 

 

他の道場に通っていた

びっちゅより

1つ年上の女の子が

うちの道場に移ってきました。

 

 

すごく強い子で

本人もやる気満々の子です。

 

強い子が道場に入ってくる事は

とてもいい事なんですが

 

ただ1つ。

 

その子

意地悪だったんですよねー

それも結構な (^▽^;)

 

女の子特有の陰湿な感じの

ヤツです。

 

それまでは割と

和気あいあいとした道場で

 

女の子も少なかったので

女子同士は

仲良くやっていました。

 

でも

その子が入った途端

 

1つ上の子同士で

わざと

びっちゅに聞こえないように

コソコソ話してたり・・

 

仲間外れ的な空気を

作るようになり・・

 

全っ然 楽しくない!

めっちゃ感じ悪い!

(`・ω・´)

 

と みるみるびっちゅの

モチベーションを

下げて行きました。

 

でもさ しょうがないよね

学校じゃないんだから。

 

勝負の世界って

そんなもんじゃない?

 

強いのは すごいと思うよ?

努力の証なんだしさ!

 

それはわかってるし

やっぱ見てても

すごいなーって思うよ

 

でもさ!

性格悪いのは 別じゃない!?

 

いくら強くたって

あんなに性格悪かったらさ!

 

まぁ びっちゅとは

目指してる所が

違うからなぁ・・(^▽^;)

 

せっかく強いのに

もったいないねー

 

ホントそう!

 

イヤなら

ほっといてくれればいいのにさ!

 

なんでわざわざ

意地悪とかしてくんの?

もうホント むかつく!

 

まぁ 1番の解決法は

びっちゅがその子より

強くなる事だね

 

何言ってんの Σ(゚∀゚*)

あの子 めっちゃ強いんだよ!?

 

うん。でもあの子はきっと

自分より力の強い人の話ししか

耳に入らないと思うよ?

 

きっと今までずっと

そうして来たんだろうねー

 

でもさー あたしは別に

話し聞かせたいとかじゃないし

 

友達になりたいわけでも

ないんだよ?

 

練習中は 集中出来てるから

いいんだけどさ

 

空き時間とかが

めっちゃイライラするんだよ

 

それなら

交わす術を身に付けるしか

無いんじゃない?

 

う〜ん (-`_-´#)

 

悩め♪ 悩め♪

(*^。^*)

 

 

道場は学校ではなく

師範は教師でもないので

 

子供達の個人的なトラブルには

介入してきません。

 

そこは自分で乗り越えるしか

ないんです。

 

私はびっちゅの気持ちは

聞いていましたが

見守りの姿勢でいました。

 

 

しばらくすると

極真を辞めたいとは

言わないけれど

 

極真の日になると

 

なんか今日はちょっと

お腹が痛い・・・

 

頭が痛い・・・

 

ちょくちょく練習を

休むようになってきました。

 

 

続きは

子供の習い事 大事なのは辞め方Ⅵ

で。

 

LINDA

 

ぽんと応援おねがいします♪

  

                   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

スポンサードリンク


コメントを残す