子供が嘘をついた時

 

 

 

こんにちは LINDAです。(^O^)/

 

 

ちゃーが小学1年生

びっちゅが4歳の頃。

 

 

ある日の夕方6時頃

私がトイレに入ったら

便座カバーが

びっちょり濡れていたんです。

 

まぁ 気持ち悪かった!(>_<)

 

トイレのカバー

濡らしちゃったの 誰ー?

 

ちゃー じゃないよー!

びっちゅ しらなーい!

 

なんですって? (`・ω・´)

 

 

こんな些細な事から

長い夜が始まりました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

この時家にいたのは

私とちゃーとびっちゅの

3人だけ。

 

私でなければ

どう考えたって残るは2人。

 

もしやママに

嘘をつくつもりですか?

と。

 

・・・(-_-;)

 

もう1回聞くよー

トイレ

濡らしちゃったのは誰ー?

ママは別に 怒ってないよー

 

カバー 濡らしちゃったら

取り替えないと次の人が

気持ち悪いでしょー?

 

やっちゃったのー?

 

ちゃー じゃないよー!

びっちゅも ちがーう

 

・・・(-_-;)

 

集ー合ー!

 

2人を私の前に座らせました。

 

 

もしもし? お2人さん

そんなわけ ないでしょう?

 

おうちには3人しか

いないんだよ?

ママが 見つけたんだよ?

 

じゃーちゃーか びっちゅの

どっちかしか いないでしょう?

 

どっちが やっちゃったの?

ママ怒ってないって言ってるよ?

 

間違えちゃったのは

怒られる事じゃないでしょ?

 

ちゃーじゃないってば!

びっちゅもちがうもん

 

この2人の態度に

 

あーそうですか。

わっかりました!

 

と私は腹をくくりました。

 

あー夜ご飯 遅くなるなーと。

 

 

問題が起きた時は

その場で解決する

って いうのが

私の主義なのです。

 

あやふやなままで終わらせる事は

ほとんどありません。

 

 

私の中で怪しいのは

びっちゅです。

 

ちゃーは

怒られる事がイヤなので

何か やったとしても

自分に対する被害を

最小限に食い止めるタイプ笑

 

びっちゅは

ヤバイ!と思っても

行けるトコまで行っちゃえー!

だって行けちゃうかも

しれないじゃん!という

いい意味では

スーパーポジティブ笑

 

でもこれが本当にびっちゅなら

初めて 私の目をみて

嘘をついた事になります。

 

私は何でも「最初が肝心だ!」

と思っているので

 

咲いて欲しくない花は

芽が出た時点で

根こそぎ取ってやる!

というタイプなのです笑

 

そっか。

じゃー どっちかが

嘘を付いてるんだね。

 

ママは嘘つきさんを

ほっとく訳にはいかないから

 

ちゃんと自分の口で言い出すまで

ご飯は作りません。

 

ちゃんとハッキリするまで

この話は終わりませんよ。

 

と宣言をして

 

ごまかして逃げる事は出来ませんよ

アピールをしてみました。

 

 

そしてその後は

早く言っちゃいなさい。

本当は怒られる事じゃないんだから

 

と腕組みをしながら

 

ジィィ───(`・ω・´)───ッ

っと

2人の様子を 見ていました。

 

すると

 

どっちが やったかの疑惑は

すぐに 確信に変わりました。

(^▽^;)

 

どっちが 濡らしちゃったの?

正直に言ってごらん?

と繰り返し聞いてると

 

ちゃーは自分じゃないので

怒られる必要は無いと

自分が一番 わかっているので

すぐに 余裕が出てきました。

 

びっちゅー♪

もう早く言っちゃいな?(*^。^*)

ママ 怒らないって

言ってるじゃん♪

 

何ならちょっと楽しそう

でもあります。笑

 

一方 びっちゅは

引くに引けない性格で

 

一度嘘をついちゃったので

今更白状したら

 

カバーの件は怒られなくても

嘘をついた事は怒られる

とよくわかっているので

 

どんどん意地を張って

真顔になって

何とかこの場をやりすごそう

頑張ります。

 

びっちゅじゃない。

びっちゅも知らないもん」と。

 

びっちゅの性格は

わかっていますが

たとえ4歳でも

ダメなものは ダメなので

 

私はそこを考慮したりは

してあげません。

 

どんなに時間がかかっても

必ず自分の口から

言わせるようにしていました。

 

そして2人共に疑惑があった場合

どっちか わかっていたとしても

 

びっちゅが やったんでしょ?

決めつけたように

名指しで聞く事はせず

 

あくまで 

2人に聞いてる形を

崩さないようにしていました。

 

やっちゃった方が

相手のせいにするのを

防ぐためだったり

 

だって目の前の相手に

なすり付けるなんて

どの面下げて?

と 思っていたし

 

必要以上に

嘘を付かせないため

だったんですが・・・

 

びっちゅは思いの他

頑張り屋さんで (^▽^;)

 

 

じゃーちゃーが

嘘を付いてるんだとしたら

ママは

びっちゅを怒っていいんだね?

 

ちゃーは嘘ついてないよー

ちゃーがやったんなら

ちゃんとそう言うよ♪

 

びっちゅのせいになんかしないよー♪

(Ο´∇`Ο)

 

もう♪やだなーママ♪

みたいな感じ 笑

 

びっちゅ?

じゃーママは

ちゃーを怒っていいんだね?

 

うんいいよ。

びっちゅじゃないし・・・

 

Σ(・ω・ノ)ノエッ まじか!

 

今のちゃーの話し 聞いてた?

 

びっちゅのせいにしないって

言ってたよ?

 

しかもびっちゅを責めたりも

しなかったよ?

 

ますます許すわけには

行かないじゃーん!

щ(゜ロ゜щ)オーマイガーッ!!

 

 

2人共よく聞きなさい

嘘はダメだよね?

早く正直に言わないと

 

どんどん嘘をつかなくちゃ

いけなくなって

どんどん

怒られる事になるんだよ?

 

わかってるよー♪

びっちゅ嘘じゃないもん!

 

この時点でちゃーが 私の意図に

気づき始めました。

 

自分じゃないのは

わかってくれてるけど

びっちゅに言わそうと

してるんだね♪ と。

 

もう余裕しゃくしゃくです。

(^▽^;)

 

 

スポンサードリンク


 

 

びっちゅー?

早く言っちゃいな♪

次から気を付ければいんだよ♪

 

と優しく 説得にかかります。

 

ちゃーがやったんじゃないの?

ちゃーが早く言えばいいじゃん!

 

Σ( ̄▽ ̄i|||ノ)ノ

まだ? まだ頑張るの?

 

びっちゅに付き合って

ご飯も食べてないんだよ?

 

テレビも見れてないんだよ?

 

でも優しく

言ってくれてるんだよ?

 

まーじーかー!

 

もうびっくりですよね。

 

でも

引くに 引けないびっちゅは

どんどん顔が硬くなって

今更感がどんどん増えて

どーしよー!感が満載で 

(^▽^;)

 

でもだからこそ

嘘を付いたら苦しいんだよ

 

だから嘘を付いたらダメなんだよ

と教える

いい機会になりました。

 

 

それからも

 

正直に言いなさい

ママはちゃんと話してくれるまで

待ってるよ

 

ちゃんと解決しないと終わらないよ

 

と 言い続け

 

びっちゅが頑張った時間は

なんと

 

3時間!

 

夜9時を回った頃にようやく

 

(´;д;`)ウッ・・ごめんなさい

と。

 

長いよー!

びっちゅ頑張りすぎだよー!

 

そこ頑張るトコじゃ

なかったじゃーん!(;´д`)=3

 

とは思ったものの

それはひとまず置いといて。

 

 

バシッ

 

とびっちゅの頭をひっぱたいて

 

 

いい加減にしなさい!

 

なんで

ちゃーのせいにしたの!

 

嘘を付いた事も悪いけど

 

一番悪いのは

ちゃーのせいにした事だよ!

 

わかってんのか!

 

人のせいにするなんて

一番 悪い事だよ!

 

このバカタレが!

 

。゚(*ノДノ)゚。わ~ん

ごめんなさいー!!

 

びっちゅが そうやって

嘘つくなら

もう信じて

もらえないんだからね!

 

びっちゅが本当の事を言ってても

嘘だって思われちゃうんだからね!

 

それでもいいの ?(`・ω・´)

よく考えなさい!

 

。゚(*ノДノ)゚。わ~ん

ごめんなさいー!!

 

ちゃーにも謝りなさい

 

お前の嘘にご飯も食べないで

ずっと付き合ってくれてたんだから!

 

ちゃーごめんねぇ(*p´д`q)゚。

 

いいよ(*^。^*)

今度からちゃんと言うんだよ。

 

うん(´;д;`)ウッ・・

 

まったく!と思っていると

 

「ただいまー」

 

と何にも知らない

パパが帰ってきて

 

「あれ?どうしたの?」

「ご飯 食べてないの?」

 

とびっくりしていました。

 

スポンサードリンク


 

 

事の経緯を説明して

もう今からご飯作る

気力なんか無いよ(´д`*)

 

と 言うと

それはそれはという事で

ちゃちゃっと

パパが作ってくれました。

 

この頃は

トラックの運転手でしたが

元々は料理人なので

 

簡単な物なら10分もあれば

出来てしまうのです。

 

 

パパが作ってくれてる間に

びっちゅがやってきて

 

ママー・・・

(´;д;`)ウッ・・

 

ごめんなさい・・(T_T)

 

びっちゅ 怖くなかった?

 

えっ?(´;д;`)

 

3人で話してる時

いつ バレるんだろう?って

怖くなかった?

 

怖かったーーーー!

。゚(*ノДノ)゚。わ~ん

 

そうでしょう?

嘘を付くってそういう事なんだよ?

 

最初にママが聞いた時に

びっちゅだよって

素直に言ってれば

こんな事にはならなかったし

 

普通にご飯たべて

楽しい1日になったんだよ?

 

もう嘘はダメだよ。

わかったね?

 

わかった(´;д;`)ウッ

ごめんなさい。

 

という事で

 

便座カバーを濡らしちゃった

というめっちゃ些細な

事から始まった出来事は

 

無事?

終わりを 迎えました。(^▽^;)

 

 

びっちゅが 私に叩かれたのは

これが初めてで

 

相当記憶に残ったらしく

今でも覚えていて

 

なーんであの時

さっさと白状しなかったのかなー

私 (^▽^;)

 

と言っています。笑

 

それからのびっちゅは

中学生くらいになるまでは

嘘を付いてもママにはバレる!

という事を

強く 思っていたらしく

 

嘘を付いたり

何かを 人のせいにする事は

ありませんでした。

 

何かをしなくなった・・・・・・

のではなく

しちゃった後は怒られて

反省していました。

( ̄m ̄〃)プッ

 

中学生以降に

ちょっとそういう問題も

出てきたんですが

 

それはまたそのうち

記事にしたいと思います♪

 

 

LINDA

 

ぽんと応援おねがいします♪

  

                   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

0

コメントを残す