イヤイヤ期はママだってやだもんねー!

 

 

 

こんにちは LINDAです(^O^)/

 

 

 

このサイトの HOMEにある

登場人物紹介にいる

こっちゃん (^O^)/

 

 

こっちゃんは

私の妹の 末っ子で

みんなと年が 離れて

生まれました。

 

 

こっちゃんの

イヤイヤ期 真っただ中は

3歳でした。

 

 

色んな事に

 

やだ!」 とか

それキライ!」 とか

 

思い通りにならないと

キーーーーーーー!!

(>д<)

 

と奇声を発して

暴れたりしています。

 

 

子供のパワーって

すごいですよね (*^▽^*) 

 

ずーっと泣き叫んで

暴れてられるんです。

 

この小さい体の

どこにそんなパワーが?

と思えるくらい。 (^▽^;)

 

 

イヤイヤ期かぁ

懐かしいなぁ (o˘◡˘o)

 

と 思いながら

見てるんですけどね。

 

 

スポンサードリンク


 

 

子供の要求に対して

どこまで我がままを

通させるべきか

 

どこまで要求を 飲むべきか

難しい所ですよね。

 

 

自我が芽生えて

自己主張したいのに

言葉が追い付かない。

 

だから何でも

「イヤ」で表現なのかな? 

と私は思っていましたが

 

 

たとえかわいい我が子でも 

1日中

イヤイヤイヤイヤ 言われて

泣かれて  振り回されては

こっちの身が もちませんよね

(^▽^;) 

 

それでなくても

ママは忙しいんです。

 

 

 

で  うちの イヤイヤ期と言われる

いわゆる2~3歳の頃って

どうだったかなぁと

考えてみたんですが・・・

 

 

確かに

やだやだ言っていました。

(^▽^;)

 

でも

イヤイヤ期の前と 後でも

私の接し方って

変わらなかったなぁと思います。

 

 

私はもともと

子供に振り回される気が

さらさらないんです。

 

 

産んでもらって

育ててもらってんのに

大人を振り回そうなんて

何言っちゃってんの?

くらい思っています。(*^。^*)

 

 

なので子供が  

あれイヤ!  これイヤ!

イヤなんだもん!  わーん!

 と 泣いたところで 

 

だってダメなものは」

「ダメだもーん (*^。^*)

 

って感じでした。

 

 

どんなに泣いて 暴れたところで

所詮は 2~3歳児です。

大人にかなう わけがない。

 

 

でも  子供は敏感だから

親が動揺したりすると

子供に伝わるし  

 

イライラしても

子供に伝わるじゃないですか?

 

 

じゃー

困ってる事も伝わって

静かにしてよ と思っても

 

なぜかそれは

汲んでくれない。┐(‘~`;)┌

 

不思議ですが・・・ (^▽^;)

 

 

スポンサードリンク


 

 

イヤイヤの時は 

子供自身が

何が本当にいやなのか

わかってない事も多いです。

 

 

泣いて 騒いでいる間に

最初の要求を 忘れちゃう事も

よくあるし。

 

 

正解のない 答えを探しても

一緒にわからなくなって 悪循環。

 

 

なので

子供達に関しては

動じない事が一番だと

考えていました。

 

 

なかなか思った通りには

出来ない事も

もちろんありますが

 

自分で

動じないもんねー

と 思っていると

 

ちょっと気持ちに 余裕が出たりして

意外とイライラが

少なくなったりします。

 

 

イヤイヤ期の 最大の大変さって

ママのイライラだと 思うのです。

 

子供の

「やだ!」

っていう 自己主張と

 

ママの

「いい加減にしなさい!」

っていう

イライラの 相乗効果は

大きいですよね。(^▽^;)

 

 

なので 私は

「イヤイヤ期」だから とは

特に意識していませんでした。

 

イヤイヤ期でも

そうじゃなくても 

ダメなものは ダメだし

OKな事は OKなわけで・・・

 

イヤイヤ期で 要求が強いから

ダメなものが OKになったり

 

イヤイヤ期が 終わったら

昨日まで許されていた事が

ダメになったり。

 

それじゃー

余計混乱すると

思ったんですよね。

 

 

 

何でも自分で! っていう時も 

 

やらせる余裕があれば

やらせていたし

時間がなければ

私がやっちゃう。

 

 

2~3歳ともなれば

言葉が全く

通じないこともないので

 

今は時間がないから

また今度ねー♪

 

と 言いながら 

強引に事を進める事も

ありました。

 

 

そこで泣いて 抵抗されても

あんまり気にしていませんでした。

(^▽^;)

 

 

だって時間が ないんだもんねー

泣くのに構ってあげられる

時間があるなら

自分でやらせてあげるっつーの!

って感じ。

 

 

何がイヤなのか

よくわからず泣いて

ぐずっている時は

 

最初は

 

どれがいいの? これ? あれ?

 

と 家の中のおもちゃを指さしたり

 

 

ごっくんするの? 牛乳? ジュース?

 

と聞いてみたり 色々やってみますが

 

 

何を言っても やーだ!

何しても やーだ!

って泣くので

 

いやなんだね  そうなんだ

じゃー ママもやだー

 

「一緒だねー!

ママもやだから  もう寝ちゃおー

 

と 背中を向けて

寝転がったりしちゃいます。

 

 

ママやだ ないのー!

 

と 泣いていますが

 

だって やなんでしょー?

ママだってやだよ

一緒じゃーん♪

 

と。

 

それでも

わかって欲しい時は

これが欲しい とか あれがいい とか

 

ちゃんと 伝えてくるので

それまで待ったり していました。

 

 

自我が芽生えた この時期は

ママがどこまで

自分の思う通りになるか

試しているような

気がしていたんですよね。

 

 

なので

ママは 自分の思い通りには ならない 

という事が わかってからは

 

そんなに やだやだと

困らせる事も なかったんですね。

 

 

ちゃんと 伝えられた時に

 

これが 欲しかったんだね♪

早く言えばいいのにー♪

(Ο´∇`Ο)

 

と  笑って言ってあげると

 

ママだって やだもんねー

 

と ほっとかれるより

 

ちゃんと 言えば

ママは わかってくれると

学習するようです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

そして

イヤイヤ期 真っ最中の

こっちゃん3歳。

 

 

私の妹が

副鼻腔炎の手術で

入院する事になり

 

LINDA母と 交代で

面倒を 見る事になりました。

 

 

こっちゃんは

思い通りにならないと 

 

キーーーーーー!!

(>д<)

 

超音波のような

高い大きな声で 奇声を発します。

 

こっちゃんの得意技です。

 

 

こっちにおいで

 

と 腕を さわろうものなら

 

いたーーーい!

いたーーーい!

 

と 泣き叫びます。

 

こっちゃんの 得意技Ⅱです。

 

 

それは 家の中だけではなく

外でも バスでも 電車でも

容赦なく始まり

 

一度

キーーーーー!(>д<)

と 泣き始めると

それを 終わらすのは

至難の業なのです。

 

 

なので LINDA母は 

 

「預かるのは 全然構わないけど」

「ちょっと ドキドキよね」

 

と 不安そうでした。(^▽^;)

 

 

私が 預かる日 

せっかくだからと

動物もいる 小さな遊園地に

連れて行きました。

 

 

ちゃーと ななっちも

一緒に 行く事になり

 

こっちゃん。

電車は 静かにーだよ。

 

と 行く前から

何回か 言い聞かせ

 

みんなで 静かにしていると 

こっちゃんも 騒ぐことなく

無事に

遊園地のある駅に着きました。

 

 

そして 電車を降りて

信号を 渡ろうとした時

 

信号が

赤に変わりそうだったので 

 

こっちゃん! 急いで行くよ!

手をつないで 渡ったら 

 

キーーーーー!(>д<)

 

と 始まりました。

 

どうやら 自分で歩いて

渡りたかったようです。

 

渡り切った所の歩道で 

 

キーーーーー!(>д<)

 

と 泣き叫んで

道路に 出そうになるので

 

危ないよ!

と 腕をつかむと

 

いたーーーい!(。>д<。)

 

と 泣き叫ぶ。

 

暴れますが

手を離すと

道路に 出ちゃいそうなので

危なくて 離せません。

 

 

超音波のように高い声の 

 

キーー!

いたーーい!

 

そこらじゅうに いる人の

目を引くんです。(^▽^;)

 

 

私は

こっちゃんが 背負っていた

リュックを つかみ

暴れようが 叫ぼうが

離しません。

 

しゃがみこみ

こっちゃんと 同じ目線で

 

こっちゃん!

LINDAを 見てごらん!

 

危ないから 暴れないの!

 

自分で 歩くの?

抱っこするの? どっち?

 

と 大きな

ちょっと 怖い声で 言いました。

 

 

私に 怒られると思ってなかった

こっちゃんは 

ちょっと びっくりしていましたが

 

それでも 泣き叫ぶので

 

こっちゃん!

どっちに するの?

歩く? 抱っこ?

 

と もう1度 大きな声を出すと  

 

 

得意技は私に

通用しないと 思ったらしく

 

だっこぉ・・(´;д;`)

 

と 泣き叫ぶのを やめたので

 

いいよ♪

じゃー 抱っこで いこっか♪

 

笑顔で 抱っこしてあげました。

 

 

もう3歳は ある程度

言葉が 通じます。

 

泣き叫んでいると

声が 届かないので

 

大きな声を

出さざるを得ないんですよね。

(^▽^;)

 

 

こっちゃん?

道路は 危ないからね。

 

「一緒におてて つなぐんだよ?

 

こっちゃん いい子だから

わかるもんねー

 

と 優しく言うと

 

こっちゃん わかるよー

(*^。^*)

 

と ちゃんと答えてくれました。

 

 

それからも

 

アイス食べたいー♪

 

どれにするー?

 

と アイスを買って

 

でも その後で

 

あっちのアイスがいー!

キーーー!

 

 みたいな事が ありましたが 

 

こっちゃんのアイスは これでしょ!

あっちは 買いません!

 

と  目を離さずに

言い聞かせると 

 

泣き止んで ちゃんと

食べたりしていました。

 

 

それからは

乗り物に 乗ったり

動物にエサを あげたり

すごく楽しそうで

 

 

歩道では

手をつなぐ事も ちゃんと出来て

 

疲れちゃった時も

泣くことは せず

 

こっちゃん 抱っこする? (^_^)

 

と ちゃーに 聞かれれば

 

うん。 抱っこ (^O^)

 

と 素直に 言えていました。

 

 

帰りの電車も 静かに出来て

 

こっちゃん いい子だねー♪

 

「こっちゃん 静かに できたねー」

「お姉さん みたいだねー♪」

 

ななっちや  ちゃーに言われて

すごく嬉しそうで  (*^▽^*)

 

楽しく無事に 家に帰りました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

帰ってから LINDA母に

その事を話すと

 

「えっ?」

「こっちゃん 泣き止んだの?」

 

と ビックリしていました。

 

結局 

 

私は」

「こっちゃんの思い通りには」

「ならないんだよねー♪

残念だねー♪

 

っていう 教え方しか

私には

出来ないようです。

 

でも その後も

こっちゃんと 会うと

 

LINDAちゃーん!

\(^o^)/

 

と 嬉しそうに

飛び付いてきてくれるので

 

これで いっか

と 思っています。

 

 

LINDA

 

ぽんと応援おねがいします♪

  

                   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

0

コメントを残す