心筋梗塞 母緊急入院の裏側で 父親との関係

 

 

 

こんにちは LINDAです。(^O^)/

 

 

ちゃー21歳

びっちゅ19歳

 

2019年2月。

 

私が心筋梗塞に

なってしまった時の事を

 

事実のまま 感じたまま

リアルに書いていきます。

 

 

前回の記事で

元旦那や 私の姉妹に対して

 

子供達が どう対応したのかを

書いたんですが

 

私の知らなかった裏側の部分で

 

大きくなった子供たちと

 

離婚して

離れて暮らす父親との

 

関係性が見えてくる

出来事がありました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

うちの家族は

離婚をしても「家族の形は残す」

 

という事で

今までやってきました。

 

詳しくは↓

離婚までの道のりⅥ

 

 

それでも子供達が

中学・高校と成長していって

 

父親に会う回数も

自然に減っていって

 

今では多くて

1年に2回くらいです。

 

個人的にLINEとかは

してるかもしれませんが・・・

 

 

会う回数が減ったとしても

父親に対する子供達の

気持ちの距離って

 

全く

離れていないんだなーって

事がありまして・・・

 

 

私が救急車を呼ぶかもしれない

と思った時に

 

ちゃーが真っ先に

連絡したのは 父親でした。

 

心筋梗塞 救急車を呼ぶ決断

 

突然の事に

どうしたらいいのか わからず

頼りたかったんだと思います。

 

そして前回の記事

心筋梗塞 入院生活 初日の子供たち

 

私の面会に来るために

父親に送り迎えを

してもらった事にも

 

ちゃーなりの理由がありました。

 

 

それは・・・

 

 

私の手術の最中

病院の廊下でずっと待っていた

ちゃーとびっちゅ。

 

その時に

ちゃーが心配していたのは

びっちゅの事でした。

 

 

びっちゅは 待っている間

喋りもせず ずっと下を向いて

 

ひたすらスマホを

いじっていたらしく・・・

 

びっちゅの不安を

感じ取ったちゃーが

 

びっちゅを

何とかしなくちゃいけない

 

とにかく1度 ちゃんと

安心させてあげないと!

と思ったらしいです。

 

こういう時は

びっちゅが 一切の気を遣わず

 

何を言っても

受け止めてくれて

 

安心して 甘えられる

存在が必要だと。

 

それには父親に会わせるのが

1番だと。

 

 

びっちゅは わりと

強気で元気な キャラですが

 

実は結構

気ぃ使いーです。

 

誰にでも 本心を見せられる子

ではありません。

 

そこでちゃーは

夜間の

仕事中の父親と連絡を取って

 

夕方からの

面会の送り迎えをして欲しい

と頼んだそうです。

 

 

コイツはホントに

びっちゅに優しいな♪

なんて思って

 

ちゃーの話しを

聞いていたんですが

 

びっくりしたのは

 

面会の送り迎えは

して欲しいんだけど

 

お母さんには 会わないで欲しい

と お願いをしたそうで。

 

Σ(゚∀゚*)

 

なんで? と聞く

父親に

 

お母さんは今 大変だから

余計な事で

 

気持ちを

面倒くさい事にしたくない

 

病気は医者に任せるしかない

 

でも お母さんの

メンタルを守るのは

俺たちしか いないから

 

と言ったそうで・・・

(///д///)

 

びっちゅのために

一緒にいる時間は

作って欲しいけど

 

お母さんには

会って欲しくない

 

という

ちゃーの気持ちを

理解した 元旦那が

 

「わかったよ」

という事で

 

私との面会の時間中

駐車場で

待ってる事になったそうです。

 

面会のあと

3人で

夜ごはんを食べに行ったそうで

 

びっちゅも少しは

気が まぎれたと思う。

 

面会の時に差し入れた

飲み物と

ちょっと高級なティッシュは

パパが買ったんだよ。

 

と 笑顔で言っていました。

 

自分の気持ちを

汲んでもらえた事が

嬉しかったんだと思います。

 

 

実はさらに

この話しにも裏があって・・・

 

 

スポンサードリンク


 

 

お母さんの気持ちを

面倒くさい事にしたくないから

会わないで欲しい。

と言ったちゃー。

 

LINEで やり取りを

していたそうですが

 

元旦那としては

この事は

ちゃーとびっちゅの

合意の話だと思っていたそうで

 

びっちゅに LINEで

 

「出来る事は 何でもするよ」

「面倒くさくならない程度にな」

 

と送ったそうで

(^▽^;)

 

父親とちゃーのやり取りを

知らない びっちゅは

 

ママが大変な時に

面倒くさくならない程度

ってどーゆー事だーー!

∑(`・д・´)カッチーン

 

と 大激怒したらしく

 

でもそれを すぐに

父親にぶつけるには

時間が無くて

 

誤解が解けるまでに

結構

時間が かかったらしいです。

(^▽^;)

 

この事について びっちゅは

 

今回は 誤解だったけどさ

 

でもパパは 今までに

デリカシーのない事とかも

何回も言ってきてるから

 

誤解されても しょうがない

普段の行いだよ

┐( ̄ヘ ̄)┌

 

と言っていました 笑

 

それはそれで

 

びっちゅ正解!

( ̄ー ̄)bグッ!!

 

って感じなのですが 笑

 

それも 私から見れば

怒った感情を

 

後先考えずに

そのまま父親にぶつけられる

という事は

 

そして その後も

強気でいられる 笑

という事は

 

甘えられてる証拠だな

と思うんです。

 

愛されてる自信がなければ

出来ないんじゃないかと。

 

 

私自身が

父親の愛情を得られず

淋しい中で育ってきて

 

感情をぶつける事すら

出来なかったので

 

尚更

そう思ったのかもしれません。

 

 

「家族の形を残す」

と 決意してからというもの

 

そりゃーもう!

色んな葛藤がありました。

 

私が望む

父親像と現実とのギャップ

 

それじゃー父親じゃなくて

親戚のおっちゃんと一緒じゃん!

と思ったり

 

悪いトコ

子供達に全部バラしてやろうか!

と思ったり

 

たまーに出てきて

いい顔すんじゃねーー!

と思ったり。

 

私の胸の内を

子供達にオープンにしたら

 

どれだけ楽になるんだろう・・・

 

と思ったりもしました。

 

でもそれは

元旦那 VS 私

親同士の話しであり

 

子供達には関係ない話し。

 

オープンにする事で

楽になるのは 私だけで

 

子供達には

心の負担が増えるだけ・・・

 

幸せにしたい!と思って

育てている私にとっては

 

それじゃー 本末転倒な話し。

 

ずっとそう思っていました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

それが 良かったのか

悪かったのかの 結果が

 

今回 私が

心筋梗塞で緊急入院する

という出来事によって

 

浮き彫りになった気がします。

 

だって

子供達の父親に対する

信頼度が高い!高い!

 

普段会っていないのに

心の距離が近い!近い!

 

自分たちがピンチだと

思った時は

 

こんなに素直に

父親に頼れるんだと・・・

 

それはまさしく

私が望んでいた親子関係で。

 

 

ここまで来るには

紆余曲折・・・

 

そりゃー色々あったけど

 

頑張ってきて良かった・・・

 

沢山 悩んだけど

間違っていなかった・・・

 

そう感じる事ができました。

 

 

正直 ここまで来るのは

ホントに

長かったーーー!

(>_<)

 

でも

ここまで来てしまえば

相当な事がない限り

 

親子関係は変わらないのでは

安心もできました。

 

私と元旦那の関係が

どうであれ

 

子供達にとって

絶対的な信頼のもと

頼れる存在がいる

 

という事は

私にとっても嬉しい事でした。

 

そう なれないんじゃないかと

思った事も

沢山あったので

(^▽^;)

 

それに

1人で子供を育てる

私にとって

 

もし 万が一

私に何かあったら・・・

 

という不安は

常にあったし・・・

 

なので今回の事で

ちょっと安心しました。

 

 

そして

私の緊急入院の裏側で

 

私の 親 姉妹に対する

子供達の対応の仕方も

驚きの連続でした。

 

 

それはまた

次の記事で書きたいと思います。

 

 

続きは

心筋梗塞 母緊急入院の裏側で 世代交代

で。

 

LINDA

 

ぽんと応援おねがいします♪

  

                   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

0

コメントを残す