悪魔に見えた日

 

 

 

こんにちは LINDAです(^O^)/

 

 

 

びっちゅが 1歳後半位のころ。

 

 

私が 風邪を引いて

寝込んでいる時がありました。

 

 

高熱が出て

頭もガンガン痛くて

熱のせいか 悪寒がひどくて

 

布団に入っていても

寒くてガタガタ震えるくらい。

 

 

スポンサードリンク


 

 

病院に行きたくても

1歳のびっちゅと

3歳のちゃーを

連れて行く気力なんて

全くない (>_<)

 

 

その当時

旦那の仕事は

朝も早くて 夜も遅かったので

 

平日の子育ては

ほぼほぼ 母子家庭状態で

(^▽^;)

 

 

子供が小さい時に

ママがダウンしてしまうと

 

病院はおろか

ドラックストアでさえも

なかなか行けないっていう

現実。

 

 

その頃は 私もそんな感じで

 

起きているのが しんどくて

目を開けているのも 辛いので

ひたすら寝るしかない (>_<)

 

でも

1歳と3歳なんて

放っておけるはずもなく

 

だからといって

面倒も見れないので

 

3歳のちゃーが

おもちゃを

出しまくっていようと

 

何かを こぼそうと

汚そうと 散らかそうと

 

もう いいや

元気になった時に

片付ければいいや

(´д`*)

 

と あきらめ

 

でも

1歳びっちゅは

そういう訳にも 行かなかったので

 

私が 目をつむっていても

存在を感じられるようにと

枕元に座らせて

子供用のビデオを流し

 

旦那が帰ってくるまでの

時間稼ぎをしていました。

 

 

その当時 2人とも

倒しても

こぼれにくいという

ボトルを使っていて

 

こういうやつ ↓ ↓ ↓

これは 大人用ですが

こういう 飲み口の

子供用ボトルがあって

 

これで

ジュースとか 牛乳とか

あげていました。

 

この 具合の悪い日も

そうしていたんですけど・・・

 

 

スポンサードリンク


 

 

寒気がひどくて

どうしようもない中

布団で目をつむっていると・・・

 

 

ピチョン! ピチョン!

顔や首筋に

何か 液体が 飛んできました。

 

 

ヒッ!∑(✘Д✘๑)

 

と 思って目をあけると

 

びっちゅが

 

ごえんね! ごえんね!

【 ごめんね の事です】

 

というので

 

???

と 思いながらも

 

いいよ。 気をつけてね。

といって

また 目をつむりました。

 

 

またすぐに

ピチョン! ピチョン!

 

ヒッ!∑(✘Д✘๑)

 

となり

目を開けると

 

びっちゅは 申し訳なさそうに

 

ごえんね! ごえんね!

と。

 

再び 目をつむりましたが

もう

イヤな予感しかしない。

 

 

寒気がしている時の

ふいの 液体なんて

たまったもんじゃありません。

 

 

何をしているのかと

恐る恐る 目を開けてみたら

 

びっちゅが

 

 

1歳ながら

両手でしっかりと

ボトルを持って

 

私に オレンジジュースを

満面の笑みで

振りかけていました

(>д<`)

 

 

悪魔です。

 

 

悪魔の顔でした。

 

 

かわいい子供の悪魔ちゃん♪

ではなく

 

こいつ!

まじなヤツじゃん!

こえーよーーーーっ!

(||゜Д゜)ひぃぃぃ

 

っていう。

 

朦朧としている私には

そう見えました 笑

 

 

しょうがないので

3歳のちゃーに

 

ちゃー!

びっちゅ 何とかしてー!

(´д`*)

 

と 助けを 求めてみたり

 

びっちゅ

ぶんぶん じょうずねー♪

(^o^)

 

と もちろん

戦力には なりませんでしたが

(T_T)

 

お菓子をあげたり

ビデオを見せたり

 

どうにか こうにか

旦那が帰ってくるまで

持ちこたえ 何とか なりました。

 

 

申し訳なさそうに

謝る顔と

 

満面の笑みで

振りかける顔との

切り替え

 

見上げた時の

びっちゅの どアップ!

 

ちょ〜 怖かったです。

(^▽^;)

 

 

スポンサードリンク


 

 

子育て中のママさん。

かわいい かわいい子供が

悪魔に見えるかもしれません。

 

お体は どうぞ どうぞ

お大事にして下さい。

 

LINDA

 

ぽんと応援おねがいします♪

  

                   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

0

コメントを残す