モヤモヤした気持ちと様様と

 

 

 

こんにちは LINDAの娘の

びっちゅです(・∀・)ノ

 

 

兄は第2のお母さん♪

の続きです。

 

ママの記事で言うと

心筋梗塞 気遣いへの反省と突っ込み

病院に着く前のお話です

 

 

おばあちゃん=私の祖母(ママの母)

あねちゃん=私の叔母(ママの姉)

妹ちゃん=私の叔母(ママの妹)

 

 

今回はママの入院中に

モヤモヤした時の話です。

 

言葉を大事にしなさい

いつも言われてきた

ママの娘だから

気になってしまった事で

一般論ではないと思います。

 

 

 

この日は元々

身内で集まる予定が

あったんですが

 

ママが入院したので予定は延期して

みんなでお見舞いに

行く事になりました。

 

私とちゃーは

従姉夫婦(あねちゃんの娘夫婦)

の車に乗せてもらって

 

妹ちゃん一家は

別の車で向かいました。

 

一緒に車に乗っていたのが

従姉夫婦 私と ちゃー

あねちゃんと おばあちゃんです。

 

その道中はもちろんママの話。

 

ちゃーが

救急車で運ばれてから

今までの事を説明していて

 

手術は成功したけど

しばらくは危険な状態なんだ

という所まで話した時に

 

あねちゃんとおばあちゃんが

口を揃えて

 

「良かったねぇ!」

と言ったんです。

 

ん?(・◇・) と 思って

 

2 ~3日はまだ 危険なんだよ

と私が言うと

 

「うん、でも」

「手術は成功したんでしょ?」

 

「良かったじゃない!」

「一安心ね♪」

と…。

 

この会話に違和感を

感じない人も

いるのかもしれません。

 

あくまで

私が思った事なんですが

 

危険な状態だって言ってるのに

良かったねとか 安心ねとか

 

意味が

わからないんです、、。

 

おばあちゃんは

「手術すら出来ない人だって、、」

と言っていて

 

もしかしたら知り合いに

心筋梗塞になった方がいて

“経験上” みたいな事が

言いたかったのかも

知れません。

 

その日で

手術の日を含めて3日目だったので

ここまで来たらもう大丈夫だろうと

思ったのかもしれません。

 

でもそれを聞いた私は

その人 関係無くない?

 

手術出来ただけ幸せ

って言いたいの?

まだ危ないのに?

 

先生はまだ

「落ち着きましたね」

とか言ってないよ?

 

と頭の中は

???とモヤモヤで

いっぱい(-_-;)

 

おばあちゃん達とは

普段から交流もあるし

 

心の距離が

結構近いと思っていたので

まさかそんな事を言うとは

思っていなくて

 

命に影響のない理由で

入院した人のお見舞いと

同じようなテンションが

 

今回のことを

軽く考えているように

見えてしまって

 

怒りとショックが

大きかったです。

 

おばあちゃん達なりに

心配しているからこそ

出た言葉なのかな?とか

 

きっと私達を安心させようと

してくれているんだ!

と自分に

言い聞かせてみたんですが

 

自己暗示は上手く行かず。

 

口を開いたら

感じ悪い事を

言ってしまいそうで・・

 

せっかく来てくれてるのに

そんな事

絶対に言ってはいけない。

 

でも状況を勘違いされっぱなし

なのもすごく嫌。

 

私にとっては

ママがいなくなったらどうしよう

と本気で心配していた

3日間だったので

 

感情がごちゃごちゃで

頭の整理がつかず

車で泣きそうになるのを

堪えながら病院に

向かったのを覚えています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

その後 病院に着き

順番にママに顔を見せた後

 

あねちゃんと従姉夫婦は

近くの神社に寄ってから帰る

と言って

一緒にいる時間は短かったので

正直ほっとしました。

 

おばあちゃんは

私と同じ場所にいて

 

ちゃーはママに顔を見せた後

すぐ仕事に行ったので

 

おばあちゃんの心配する相手は

私になるわけです。

 

「お金は大丈夫?( ´・ω・` )」

「交通費とか、、」

高校生の頃 常に金欠だった私は

社会人になっても心配されます笑

ちゃーが心配されるのは生活費

私が心配されるのは交通費

レベルが低い低い(*//∇//*)

 

大丈夫だよー♪」と言いながら

ななっちとこっちゃん

従妹ななっち17歳 こっちゃん小学1年生

もいたので

主に 2人と話をしながら

受け流していました。

 

車の中での感情をまだ

引きずっていたんだと思います

 

1部の面会が終り

みんながバラけた後

 

私は3時間後の2部の面会にも

行く予定だったので

どこかでお茶してよーと

思ってたんですが

 

妹ちゃんが

次の面会時間までは無理だけど

少し一緒に時間潰そっか!

 

ななっちと1時間ぐらい

カラオケでも行ってこい♪

1人でいたって

つまんないでしょ(*^。^*)

と言ってくれて

 

でもカラオケはどこも

満室だったので

ななっちと2人でタピオカ飲んだり

プリクラ撮ったりして

時間を潰しました。

 

そのおかげで

1人でいる時間はほとんどなく

次の面会に行けたので

 

おばあちゃんや

あねちゃんの言葉から

楽しく気分転換をして

1日を過ごす事が出来ました。

 

私は1人になると色々思い返して

考えてしまう所があるので

(^▽^;)

 

妹ちゃん 様様です。

(ノ_ _)ノ

 

 

スポンサードリンク

 

 

退院後ママが

2人は本当に心配して

くれているんだけど

ちょっと下手くそなんだよね

(;´∀`)

と言っていて

 

そうなのか・・(´д`*)

と。

 

その後は

時が解決してくれたので

今は2人に対して

何も思っていませんし

今まで通り大好きです!

 

引っかかってしまった

とはいえ

心配してくれてる人に

していい態度じゃなかったなー

と反省しています、、、。

 

私も もう20歳になったので

今後はもっと落ち着いて

対応が出来るように

 

お見舞いに行く側なったら

相手が何を言われたら傷つくのか

ちゃんと考えられるように

なりたいです。

 

そもそも何もないのが

1番なので

誰も病気しない事を祈ります

(。ー人ー。)

 

妹ちゃんは

ママへのイタズラを全力で

楽しんだり

ママの入院中よくLINEをくれたり

 

次の面会時間まで

一緒に時間を潰してくれて

本当に最高です(*´ω`*)

 

他にも

ママには会って欲しくないけど

送り迎えはして欲しいという

我儘を言われても

すんなり「わかったよ」

と言ってくれる父がいて

心筋梗塞 母緊急入院の裏側で 父親との関係

 

 

ママの入院中 私も色んな人からの

愛を貰っていたので

 

私めっちゃ愛されてる!

幸せ者なんだなー(o˘◡˘o)

って思いました笑

 

 

私にとっての怖い事

へ続きます。

リンクは下にあります↓↓↓

 

びっちゅ

ぽんと応援おねがいします♪

  

                   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

 

Next link

私にとっての怖い事

1+

コメントを残す