子供の習い事 大事なのは辞め方Ⅰ

 

 

 

こんにちは LINDAです。(^O^)/

 

 

びっちゅ中学1年生。

 

 

びっちゅは小学3年生から

極真空手を習っていました。

 

習う事になったきっかけはコレ↓

びっちゅ2年生の戦いⅠ

 

 

週2日の 19:30〜21:00

 

道場は家のすぐ近くにあり

行く時は1人

帰りは私が迎えに行きます。

 

 

この道場には

 

日本一を目指すんだ!

と 親子一丸となって

頑張っている子もいましたが

 

うちはそんな感じでもなく

 

強くなって上を目指す!

というよりは

 

メンタルを強くするために

通っている

というスタンスでした。

 

 

スポンサードリンク


 

 

とはいえ

極真の練習は厳しくて

 

スクワットや腕立てはもちろん

組手となれば

 

サポーターを付けていても

腕や胸に青あざが出来るのは

当たり前で

 

びっちゅは頑張っていましたが

 

私はその姿を

ずっと見ている事は出来ず

 

お迎えも

終了時間ギリギリ。

 

当時

びっちゅと年の近い女の子は

いなくて

組手の相手は男の子がほとんど。

 

ガンガン殴られながら

顔を真っ赤にして戦っている

びっちゅを見ていると

 

どうしても涙が・・・

 

どうしても 心の奥で

うちの子に何すんのよっ!って

思ってしまう (>_<)

 

練習なのに (笑)

通わせてるのは自分なのに (笑)

 

なので

なるべく見ないように

時間ギリギリに行っていたんです。

 

まぁ やってるのは

びっちゅ本人なので

私の感情は置いとけばいいかなと。

 

 

極真空手には 定期的に

審査という昇級試験があり

 

合格すると

帯の色が変わっていきます。

 

白帯から始まって

オレンジ → 青 → 黄色 

緑 → 茶 → 黒

だったかな?

 

極真を始めた頃

ね〜 ママ

極真って いつまでやれば

いいと思う?

 

という びっちゅに対し

 

黒帯になったら

辞めてもいんじゃない?

(*^。^*)

 

と言っていました。

 

昇級試験を受ける時期は

師範が見極めてくれて

 

そろそろ この子は合格出来そう

という時に

声をかけてくれます。

 

 

型や技 組手などを

静寂の中

私達 親を含むみんなの前で

行います。

 

審査に落ちる事は

ほとんど無いんですが

 

ピーンと張りつめた緊張感の中で

行う審査は

 

目の前で真剣に戦う子供達の

「うっ・・」とか「ふん!」

っていう

息づかいまで聞こえてきて

見ているこっちも緊張していました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

試合にもたくさん出ました。

 

びっちゅは なかなか

勝てませんでしたが

 

4年生の時に出た試合で

準優勝になり

初めてメダルをもらいました。

 

この時の写真が

道場のHPにアップされていて

 

いまだに

びっちゅの名前で検索すると

ネット上に出てきます。

 

現在20歳ですが

初々しいびっちゅが

まだそこに (笑)

 

 

小学生の3年間は

サボるなんて概念もなく

 

審査の前には 家で自主練をして

試合に 合宿にと

頑張っていました。

 

 

そんなびっちゅでしたが

中学に入学すると

少し変化が出てきました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

中学生になると

練習で出来た青あざを

気にするようになってきました。

 

ねぇママ

このアザ目立つ?

 (^▽^;)

 

うんまぁ・・

アザはアザだよね

どう見ても (^▽^;)

 

そっかー・・

体育着とか着てると

見えるんだよねー

 

まぁ しょうがないよね

びっちゅの組手は

男の子 相手だし

 

中学になって みんなも力が

強くなってきてるしねー

 

う〜ん・・

 

( ̄□ ̄;)!!

お前さ! 冗談でも

ママにやられたって

言ったらダメだよ!?

 

(*´∀`)アハハ

児童虐待♪

動かぬ証拠♪

 

誤解 解くの

大変そうだからさー

やめてよねー!

 

(*´∀`)アハハ

 

 

この頃から

薄々感づいていました。

 

そろそろ辞めたいんだろうなーと。

 

それを私に

言い出せないでいるんだろうなーと。

 

 

この時のびっちゅの帯は

緑帯。

 

辞めるには

まだちょっと半端な時期でした。

 

そして中学になったと同時に

うちが引っ越しをしていて

 

自転車で通う事になった

びっちゅ。

 

もう1人で行けるよねーって事で

行かせていたんですが

 

ある日

師範から連絡が来ました。

 

「びっちゅ最近 来てないけど」

「どうしたの?」

と。

 

え?

行ってないんですか!?

 

「今月に入ってから」

「1度も来てないよ?」

 

1度も!?

 

あいつ〜〜〜!!

やりやがったな!

 

怒りの炎がメラメラと

燃えていました。

 

 

続きは

習い事 大事なのは辞め方Ⅱで。

 

 

LINDA

 

ぽんと応援おねがいします♪

  

                   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

0

スポンサードリンク

コメントを残す