離婚までの道のりⅤ

 

 

 

こんにちは LINDAです。(^O^)/

 

 

 

離婚までの道のりⅣ の続きです。

 

 

 

話しがしたいと 母に言われ

旦那と車で 向かっている最中

 

離婚を決めた 私達は

わりと 明るい感じで

 

養育費の話しを していました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

あなたに お金が無いのは

よく わかってるから

 

慰謝料ちょうだい なんて

言わないよ (*^。^*)

 

すーごく 傷ついたけどね!

すーごく 傷ついたなー♪

 

あたし 可哀想だなー♪

 

「本当に ごめんって!」

「本当に 悪かったと 思ってるって!」

「(>_<)」

 

 

でも 養育費は

そういう わけには

いかないよ?

 

あなたの

子供達に対する 愛だもんね♪

 

いくらにする?

 

「普通は いくらなの?」

 

んー。 わかんないけど

 

どうだろ?

1人 3万くらいじゃない?

 

「2人で6 万か・・・」

 

え? うそでしょ?

 

「え? 何?」

 

普通は だよ?

 

あなたの愛は 普通なの?

 

「Σ( ̄▽ ̄i|||ノ)ノ」

 

「いや・・・そんな事ないよ!」

「(`・ω・´)」

 

そうだよねー♪

 

やだも〜

びっくり しちゃったよ♪

 

で? いくらにするの? (*^。^*)

 

「じゃー ○○くらいでどうかな?」

 

いいと 思う!

 

でも 言っとくけどさ

 

この 金額は

上下しない 金額だよ?

 

今月 厳しいから どうとか

 

そういうのは無しの 金額なんだよ?

わかってる?

 

「わかってるよ」

 

「子供達のため なんだから」

 

「食うもんに 困っても」

「ちゃんと 払っていくよ。」

 

じゃー それで 決まりね♪

 

 

と 養育費で 揉める事もなく

いい感じで 決まりました。

 

 

悩み抜いた末に 決めた私と

覚悟を決めた 旦那。

 

後は

子供達を中心に 考えて行こうと。

 

 

今の感じなら  憎み合う事もなく

 

離婚しても

子供達の事を

相談しながら 育てていける。

 

 

私達に とっては

1番 ベストな

離婚の タイミングでした。

 

 

 

残る問題は 母のみ。

 

これからの 生活に

不安が無かったわけでは ありません。

 

私がどんなに 頑張ろうとも

予期せぬ事が 起こるかもしれない。

 

困るのは 子供達。

 

助けてくれる人は 多いほど

ありがたい。

 

母を敵に 回したくはないなーと

思っていました。

 

 

でも 私のその考えが

後悔に繋がるとは

想像もしていませんでした。

 

 

スポンサードリンク


 

 

母の家に 着いた時から

もう 母のシナリオは

始まっていたようで

 

なぜか 母と姉が

スタンバイしていました。

 

 

なぜ 姉がいるのか 聞いたら

 

一緒に 聞いてもらった方が

いいかと思って との事。

 

 

え? 誰にとって?(・△・;)

 

 

私達にとっても 大事な話しだし

 

もう離婚するからって

わざわざ 姉の前で

旦那が 恥ずかしい思いを

する意味が どこにあるの?

 

だって これから

頭を 下げるんだよ?

 

 

姉には

悪いけど 聞いて欲しくない

と 伝え

2階に 上がってもらいました。

 

 

それからは もう

母の 独壇場で・・・

 

 

 

昨日から

 

何を どうして

どう 言って

どう 決着をつけるのか まで

きっと 考えていたんでしょうね

 

っていう 内容で・・・

 

 

「うちの娘に 何してくれたんだ!」

 

と 旦那に 怒りだし

 

離婚の理由を 聞かれ

 

教えたくない

 

と 答えると

 

自分の 知っている限りの

薄い 情報を元に

推理をして 諭そうとする。

 

それでも 離婚の意思は 固いんだと

伝えると

 

手書きの

誓約書を 出してきました。

 

あと 半年だけ

夫婦として 頑張って欲しい。

 

半年頑張っても 無理なら

離婚に合意します。

と。

 

 

もう バカにしてんのかな?

と 腹が立ってきました。

 

 

手書きの誓約書に 何の効力が

あると思っているの?

 

私の決意を

そんなに 甘く見てるの?

 

そんなに 自分の

思い通りに したいの?

 

母は 私のためだと

いうけれど

 

こんなの

私のためでも 何でもない。

 

それの どこに

私の意思が 入ってるの?

 

それでも

首を縦に 振らない私に

 

最後の 切り札として

頭を 下げ始めました。

 

ねぇ!もう本当にやめて?

 

「本当に お願いだから!」

「半年で いいから!」

 

「パパも 本当に」

「このままで いいの?」

 

「後悔しないの?」

 

さっき 怒鳴った ばっかりの

旦那を 煽りだし

 

事も あろうか

旦那は チャンスと思い

 

一緒に頭を 下げだしました。

 

「あと 半年だけ!」

「もう1回 チャンスをくれ!」

 

と。

 

さっきまで 一緒に

養育費の話し してたじゃん。

 

離婚に合意 してたじゃん。

 

 

2人に頭を 下げられ

私が うん。というまで

頭を上げようとしない 2人。

 

 

こんなのずるい・・・

 

 

どうしたらいいのか・・・

 

 

母は 形的には

頭を下げて

お願いを しているけれど

 

やってる事は

強引に

自分の思い通りに しようと

している事に 変わりない。

 

それに

気づいているんだろうか・・・

 

ここで 蹴ったら

母が敵に回る事は 間違いない。

 

何年も 先まで

あの時 あたしが 言ったのにと

言われ続けると思う。

 

 

子供達が もし

母を 頼りたくなった時に

どうしよう。

 

 

旦那との 関係も

また 崩れるかもしれない。

 

そうなったら 子供達は

また

傷ついてしまうかもしれない。

 

 

 

色んな事が 頭をぐるぐる・・・

 

 

 

でも 結局

 

私は

突っぱね続ける事が できず

 

わかった

 

と 言ってしまいました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

期間を 設けて

やり直すことで

 

万が一でも

上手く行く 可能性があるなら

 

それを 放棄する事は

 

それこそ 子供達から

父親を 奪う事に

なってしまうかもしれないと

思ったからです。

 

 

親として

出来る限りの事は

しなくちゃいけないと

思いました。

 

 

この決断が

大きな過ちに なるとは

知らずに。

 

 

離婚までの道のりⅥへ続きます。

 

 

LINDA

 

ぽんと応援おねがいします♪

  

                   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

0

コメントを残す