ママお金なくてねー!

 

 

 

こんにちは LINDAです。(^O^)/

 

 

ちゃーが6歳

びっちゅが4歳くらいだったかなー

と思うんですが。

 

 

まだまだ離婚前。

うちは夫婦共働きでした。

 

 

結婚した頃パパは料理人で

2人共同じお店で働いていて

結婚を機に私は退職。

 

パパはずっと

そのお店で働いていて

 

ちゃーが生まれびっちゅが生まれ。

 

中卒で働いていた私は

専業主婦になり

 

初めて

働かなくてもいい生活になって

 

子育てだけに集中できる生活は

それはそれは素敵で♪ 楽しくて♪

 

その頃は

家計は楽ではなかったけど

生活は安定していました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

パパの勤めていたお店は

個人経営の居酒屋さん。

 

お店のオーナーは

印刷会社の女社長さんで

 

料理人である

自分の甥っ子のために

作ったお店でした。

 

このマスター

料理の腕はすごく良くて

 

テレビに出てくるような

料理人の知り合いも多く

 

いい人だし話しも面白いし

料理も美味しいし

まかないも最高♪

(ノ´∀`)ノ♪

 

とても働きやすいお店でした。

 

 

でも・・・

お酒好きなのとギャンブル好き

だったんです。(^▽^;)

 

私とパパは

お店が始まった時から

働いていて

お店も繁盛していました。

 

予約も沢山入っていたし

常連さんも増え

売り上げもあがり

順調だったんです。

 

その順調だった事で

マスター

気が緩んじゃったんでしょうね。

 

お店が忙しくて

ギャンブルから離れていたのに

再開してしまいました。

 

それでも

マスターがどんな

プライベートを送っていようと

 

従業員には関係ないと

思っていたんです。

 

でもマスターは

負けが続いてしまったらしく

 

最初はオーナーに

お金を借りていたようでしたが

 

そのうちお店のお金に

手を付け始めました。

 

それを繰り返したもんだから

オーナーも見かねて

ついに閉店する事に。

 

私達の生活は

一気に変わりました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

お店が閉店する少し前から

 

やっぱりこれから

お金がかかるからと

 

子供達も保育園に入れて

私もガテン系の

パートをしていましたが

 

パパの急な転職は

とってもツライ (>_<)

 

一応退職する時に

1ヶ月分のお給料を

出してくれましたが

 

1ヶ月で次の就職先は決まらず

 

パパは料理人を続けたかったけど

 

個人経営だったので

面接に行っても

それが料理経験者と

認めてもらうのは難しく

お給料も最低ラインから。

 

その額では生活が厳しくて

なかなか面接までたどり着けない。

 

それでも何軒かは面接に受かって

働いてみるものの

その都度

 

「働いてみたら人間関係が悪かった」

「こんなマズイ店で働けない」

 

とかで長続きせず・・・

 

だからお給料も1ヶ月分ではなく

いつも日数計算の額。

 

私のパート代で生活なんて

そもそも無理な額。

 

求職中だからって

毎日面接予定を入れられない

って事はわかっているけど

 

体をフルに使う

仕事をしている私にとって

 

クタクタで帰ってきた時に

家でゴロゴロされたら

腹も立つ。

 

掃除もしないし

子供の送り迎えもしないし

 

洗濯もしないし

洗い物もしない。

 

2人で 働いている時は

それで良かったんです。

 

私は元々

イクメン的な事は

求めてなかったし

 

自分のペースで

自由にやりたい人なので

 

育児も楽しかったし

私が家事を出来なくても

 

それに文句さえ

言わなければ

代わりにやってくれなくても

全然いい♪

 

でもさ・・・

それは

共働きの話しであってさ

 

働いてないのに

何にもしないのはどうよ?

 

私の仕事中に就職先を

探していたのかもしれない。

 

でも帰った私が見る姿は

家の事もしないでゴロゴロ。

 

生活は

いつもいつもカツカツで

常にお金の事で頭がいっぱい。

 

私の気持ちの余裕も

無くなっていきました。

 

 

そして

私のお給料日まで

あと何日か・・・

 

足りるかなー?と思っていた時

保育園からの集金が来ました。

 

それはびっちゅの

保育園で行った遠足の写真代。

 

そういえば

少し前に選んだ気が・・・

 

その額 2650円。

 

ダメだ・・・払えない・・・

たった2650円が払えない。

 

え?保育園に

払えませんって言うの?

 

誰が?私が?どんな顔で?

 

 

もう情けなくて情けなくて

涙が止まらず

感情も抑えきれず

 

 

もーーーー!

パパのせいじゃんかーーーー!

何とかしてよーーーー!

 

と子供達の前で

号泣してしまいました。

 

 

自分の感情で

いっぱいいっぱいで

子供達の顔も見れず

 

とにかく

わんわん泣いていました。

 

なんでこんな事に?

いつ仕事が決まるの?

 

何で頑張って探している

素振りを見せないの?

 

全部マスターのせいじゃん!

マスターのばか!

 

こんなのいつまで続くの?

私1人が頑張るの?

 

 

色んな感情が入り混じって

タオルを抱え

わんわん 泣いていました。

 

するとパパが

自分の実家に電話をして

 

「申し訳ないんだけど」

「今月どうにも厳しくて」

「ちょっと都合してもらえないか。」

 

と。

 

その話を聞いていて

 

あ〜あ。

私いいお嫁さんで

通ってたのに・・・

 

お義母さんどう思うかな?

次に合わせる顔が無いよ

情けない・・・

 

と思っていました。

 

「大丈夫だっていうから」

「今から借りに行ってくる」

 

とパパが言うと

 

おばあちゃん? (*゚▽゚*)

お話したいー!

 

と びっちゅが。

 

もしもしー?

おばあちゃん?

 

うん!びっちゅ!

あのねー!

 

ママがねー!

お金が無くて泣いてるのー♪

(´▽`)

 

 

Σ( ̄▽ ̄i|||ノ)ノ

まじか!

 

 

うん! うん!

お金貸してくれるー?

 

ありがとー♪

びっちゅもパパと行くねー♪

 

と何とも笑顔で楽しそうに

(・_・;)

 

 

突然の事に

涙も引っ込みました。

 

 

ママに代わるー?

ちょっと待ってねー♪

はい!ママ!

 

って。

 

Σ( ̄▽ ̄i|||ノ)ノ

 

いや・・・今は さすがに

話づらいし・・・

 

びっちゅは

何にもわかってないけど

大人の事情っていうか・・・

 

 

とぐるぐる考えましたが

 

びっちゅが あまりにも明るく

受話器をくれるので

 

もう いっか!

何を言われてもしょうがない!

 

と 電話に出ました。

 

もしもし・・・

ごめんね。

こんな事で迷惑かけて・・・

 

「LINDAちゃん。大丈夫よ。」

「私も若い時に」

「同じような事があったのよ」

 

「急だからそんなに沢山は」

「用意してあげられないけど」

 

「パパに取りに来させなさい。」

 

「大変な時は」

「相談してくれていいからね。」

 

「また遊びに来てね!」

 

お義母さんありがとう (´;ω;`)

ありがたくお借りします。

 

すぐ返すからね。

また遊びに行かせてね。

 

お義母さん優しかったです。

 

そしてパパは

びっちゅとちゃーを連れて

実家にお金を借りに行きました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

1人家でぽつんとなった時

 

びっちゅに

あんな事を言わせた自分を

物凄く責めて

なんて情けない

親なんだろうと・・・

またひとしきり泣いて。

 

でも

びっちゅ 随分明るかったな・・

私号泣だったのに・・・

 

わざとかな?

ホントにわかってないのかな?

 

ちゃーの顔見てないなー

ちゃーはどう思ったのかな?

 

そんな事が

頭をぐるぐるしてきて

 

どっちにしても

このままじゃだめだ!

 

こんな姿をもう

子供に見せちゃいけない。

 

とりあえず今月は

お義母さんのおかげで

何とかなったんだし

 

明日の事は明日考えよう!

と開き直りました。

 

 

その後

パパは料理人を諦め

トラックの運転手になりました。

 

今までのお給料よりは

全然下がったけれど

共働きなら何とか なるかと。

 

キツキツでしたけどね  (^▽^;)

 

 

何でか私と妹の生活環境は

似ている事が多く

 

お互い

キツイ時期が重なっていて

 

でも

お給料日がズレていたので

お給料日前になると

 

「今月あといくら持ってる?」

「大丈夫!お給料入ったよ!」

 

とお互いに貸し借りをして

足りない分を補てんしながら

乗り越えました。 (^▽^;)

 

 

私が離婚したのは

このずーっと後の事ですが

 

離婚した事で

養育費をもらい

 

母子手当を頂けるようになり

節約もしやすくなり

 

お金の面でいえば

離婚後の方が安定していました。

(*^▽^*)

 

 

なにより

2度とびっちゅに

 

ママねー!

お金無く 泣いてるのー!

 

と言わせなくて良かったです。

 

 

あの時

自分が情けなくて

どうしようもなかったけど

 

びっちゅが 明るく無邪気で

そのおかげで

 

お義母さんとその日のうちに

電話で話せて・・・良かった。

 

責めないでいてくれた

お義母さんにも

びっちゅにも感謝しています。

 

 

そして

子供達が将来

同じ様な事が起きた時に

 

助けてあげられる親でありたいと

思います。

 

自力で頑張ってくれるのが

一番ですけどね。笑

 

 

LINDA

 

ぽんと応援おねがいします♪

  

                   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

0

コメントを残す