小学校担任とのトラブル

 

 

 

こんにちは LINDAです。(^O^)/

 

 

 

ちゃーが小学3〜4年生の時の

担任の先生との事なんですが。

 

 

 

ちゃーの担任の先生は女性で

 

その当時で

40代半ばくらいだったのかなぁ?

 

体格のいい人で

見た目 とても厳しそうな

結構インパクトのある先生でした。

 

 

 

1〜2年生と違って

小生意気になってくる

3〜4年生は

 

このくらい迫力のある先生の方が

何かといいんだろうなー

なんて思っていました。

 

 

 

ちゃーが3年生のある日

学校から国語のテストを

持って帰ってきたんですが・・・

 

 

スポンサードリンク


 

 

テストはカラー刷りで

用紙の上半分には

物語が書かれていて

 

下半分に

その物語に関する問題があるという

 

物語を読んで理解ができれば

誰でも正解できるような

テストです。

 

 

そのテストの最後の所に

 

「この物語を読んで」

「あなたはどう思いましたか?」

 

という問題がありました。

 

 

その解答欄だけが

やけに

何度も書き直した

跡がありました。

 

 

ちゃー

ココ 何でこんなに

書き直したの?

 

文章がまとまらなかったの?

 

違うよ!

先生に消されたんだよ!

 

おお!

めっちゃ怒ってんじゃーん

(^▽^;)

 

怒ってるよ!

書いても書いても消されてさ!

 

でも最後には〇貰えてんじゃん

 

それ 俺の感想じゃないからね

先生の言う通りに書いただけだから

 

そんな事ある?

だってちゃーの読んだ感想を

書くんでしょ?

 

どう思いましたか?

なんだから。

 

読んでみなよ

ママなら

読めばわかるでしょ?

 

と言われ

テストを見てみると

 

 

う〜ん・・・

確かにちゃーの文章ではない

(・△・;)

 

子供らしさは無く

敬語もキチンと使われていて

教材に使われるような

 

THE正解!

みたいな文章でした。

 

 

これってさー

ちゃーの思ってた事を

 

先生がキチンとした文章に

直してくれたとかじゃないの?

 

違うよ!

そんな事 全然思ってないし

 

ココについてなんて

一言も書いてないし!

 

それ 先生の感想なんだよ!

 

え? じゃーこれ

ちゃーの点数じゃないの?

 

そうだよ!

 

と ちゃーは怒っていましたが

 

 

う〜ん・・・

でもなー・・・

 

ココ!感じる所だよ!

っていうのを

 

ちゃーが逃してる事も

あるかも しれないしなー

と思って

 

一応 ちゃーが最初

何て書いたのか聞いてみました。

 

 

そしたら

特に見当はずれな事を

書いていたわけでもなく

 

むしろ

なかなかいい感想じゃない?

くらいな感じだったんですが・・・

 

 

まぁ先生の意図もわかんないし

最初は正しい文章を教えるもの

なのかもしれないし・・・

と思い

 

まぁ そんな事もあるよ♪

(*^。^*)

 

と聞き流しました。

 

 

 

でもその後も

そういう国語のテストや

何かの感想を書く度に

書き直される事が続き

 

ちゃーの感想ではなく

先生に言われた通りに

書く事が続いて

 

 

スポンサードリンク


 

 

なんで俺の感想なのに

俺の思ってる事じゃダメなの?

 

先生は自分の思い通りに

したいだけなんだよ!

 

なんで先生が思った事だけが

正解なの?

 

と不満タラタラで・・・

 

 

うーん。

それってさー

 

他の子はどうなの?

ちゃーだけが直されてるの?

 

他の子も直されてるよ!

 

え? 感想なのに?

 

そう!

 

だって先生の思う感想なんて

3年生に書けるわけないじゃん!

 

ちゃーが言うには

テストの時間

先生が消しゴムを持って

消して回っていると。

 

 

う〜ん・・・

(・△・;)

どういう事なのかなぁ?

 

確かに担任の先生は

完璧主義だと

ママ友から

聞いた事はあったけど

 

意図がわからないと

何ともなぁ・・・

 

 

でも

他の問題ならともかく

感想とか自分の気持ちを

答えた時に

 

不正解になってしまうと

もはや何を

答えたらいいのかも

わからなくなっちゃうよねぇ

と思っていました。

 

 

 

そんな事が続き

その度

自分を認めてもらえないと

ちゃーは怒っていて

 

ちょうど保護者会が近づいていたので

先生に聞いてみる事にしました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

3年生になってから

担任の先生と1対1で話すのは

初めてでした。

 

 

ちゃーからこういう風に

聞いてるんですけど

実際はどんな感じなんですか?

 

ちゃーが何か

勘違いしているのかも

とも思ってるんですけど・・・

 

「そうですね」

「思った事や」

「感想を書く時には」

「私がチェックをして」

「直しています。」

 

???

それは なぜですか?

 

「正しい感想を書けない子が」

「多いからです。」

 

???

 

すいません。

よくわからないんですけど

 

感想・・・ですよね?

本人が思った事を

書くんですよね?

 

「形式上はそうですが・・・」

 

「私は正しい感想を」

「教えているんです。」

 

えーっと・・・

先生の正しいって

何ですか?

 

子供達が思った

気持ちの部分 ですよね?

 

それを先生が判断して

子供が感じてない事を

 

感じたように

用紙に書かせて

 

それに点数を付けるって

ちょっと変じゃないですか?

 

ちゃーは

自分の思っている事は

 

いつも否定されてると

思ってるみたいなんです

 

教育上とか

授業のカリキュラムとか

 

そういう事は

わからないんですけど

 

何か明確な意図があるんであれば

教えてもらえませんか?

 

こういう事を学ぶため

みたいな事がわかれば

 

ちゃーにも

説明しやすいんですけど

 

 

そしたら先生が

 

 

じゃーもう

ちゃー君の面倒は 見なくていいって

事ですね!

 

と 急に感情的に

怒り出しました。

 

何でしょう?

大人の痛いトコ突かれた感

満載な感じです。

 

 

その言い方に

カチンとした私。

 

 

私 そんな事言ってますか?

 

授業ですよね?

面倒って何ですか?

 

だから!

感想をちゃんと書けない子が

多いんです!

 

ですから ちゃんとの部分を

知りたいんです。

 

子供達 本人の感じた感想じゃ

ダメなんですか?

 

でも感想って本人が思った事を

素直に書く所じゃないんですか?

 

それに

正解・不正解があったり

 

思ってもいない事を書かないと

〇が貰えなかったり

 

その辺が今ひとつ

わからないんです。

 

ですから!

私のやり方が

気に入らないというなら

 

もう ちゃー君に限っては

面倒をみなくていいですね!

 

 

ムッカーーーーー!

 

この人

話しが通じねーーーー!

 

 

 

では

何の意図があって

書き直させているのか

というのは

教えて頂けないという事ですね?

 

「・・・・・」

 

先生の納得するものを書かなければ

〇が貰えないと思っているちゃーは

勘違いしているわけではないと

いう事ですよね?

 

「・・・・」

 

先生の指導に何の意味があるのか

子供達に伝わっていなくても

関係ないという事ですよね?

 

「・・・・」

 

その事に疑問を持ったら

面倒を見ないと

先生は言ってるんですよね?

 

そういう解釈で

合ってますか?

 

 

先生は

ただただ 悔しそうな顔をしていて

 

言葉を発する事はしませんでした。

 

 

そういう事であれば

面倒は みてもらわなくて

結構です。

 

うちでは

本人の感じた事を

大事にしたいと

思っていますので。

 

意図もわからず

否定だけ されるのなら

見てもらわなくて結構です。

 

お時間取って頂いて

すいませんでした。

失礼します。

 

と言って

帰っちゃいました。

 

 

 

帰り道

 

もっと冷静に

話したかったのにーー!

 

普通に聞いただけじゃん!

 

そんなに怒るような事聞いた?

 

意図を教えられないって

なんなんだよーー!

 

と ムカムカが治まらず

 

家に帰ってから

 

ちゃー!

これからはねー

 

好きなように感想書いて

大丈夫だよー!

 

えっ? そうなの?

 

そう!

思った事を思った通りに

書けばいいよ!

はっはっは!

(*^▽^*)

 

と変なテンションに

なっていました。

 

 

その後ちゃーの感想が

直される事は無くなりました。

 

私から見ても

特に的外れな感想を

書いていたわけでも

なかったので

 

3年生らしくていいじゃん!

と思っていました。

 

 

ママ友の情報によると

その先生は

 

自分の正しいと思っている枠に

子供達を収めないと

気が済まないらしく

 

個性とか感情よりも

収める方を優先して

 

度々保護者との

トラブルがある

先生だったようです。

 

そしてこの時期は特に

クラス全体の成績を上げる事に

躍起になっていたとか

何とか・・・

 

 

面倒をみなくて結構です

とは言いましたが

 

その事で

ちゃーに影響を

及ぼす事もなく

 

ちゃーは何も知らずに

学校に行けていたので

良かったです。

 

 

あの時

先生にどう話していれば

揉めずに済んだのか

今でもよくわかりません。

 

扱いにくい保護者だと

思われたかもしれませんね。

(^▽^;)

 

 

 

ちなみに

たっくんの場合

同じ様なカラー刷りの

国語のテスト。

 

上の段には

 

由美子ちゃんという子が

交通事故で両親を亡くし

おじいちゃんに育てられて

 

苦労しながらも

前向きに生きて行く

 

みたいな話しだったんですが

 

たっくんの感想は

 

由美子がんばれ!

俺もがんばる!

 

でした。笑

 

その当時

 

(*´∀`)アハハ

もうちょっと何かないのー?

 

と 妹と爆笑していましたが

 

その2年後・・・

 

 

同じテストを

びっちゅが受けて

 

びっちゅの感想は

 

由美子ちゃん大変だったね!

あたしもがんばるから

がんばって!

 

でした。

 

血は争えない 笑

 

友達か!

 

 

LINDA

 

 

ぽんと応援おねがいします♪

  

                   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

0

スポンサードリンク

コメントを残す