びっちゅ 保育園脱走事件!

 

 

 

こんにちは LINDAです(^O^)/

 

 

びっちゅが5歳くらいの頃だったと思うのですが。

 

 

びっちゅ達の通っていた保育園は 親が教室まで迎えに行って

教室の入り口で 

先生と挨拶して 「さようなら」してたんですけどね。

 

 

その日は用事があって 仕事を午前中で早退していたので

いつもより早い時間に お迎えに行ったんです。

 

 

 

保育園に迎えに行くと 園内がざわついていて・・・

というか 騒然 という言葉がぴったりの雰囲気で

 

 

「どうしたの?」 「何か変じゃない?」 「なに?なに?」

という会話が飛び交っている中 LINDAも「???」 

と思いながら教室に向かおうとしていた時 

 

 

「びっちゅママ!」と声をかけられ 振り向くと

びっちゅと同じクラスのママ友でした。

 

 

スポンサードリンク


 

 

「ねぇ! 何か今日おかしくない?」 

やっぱり? 何かおかしいよね?

「何かあったのかな?」

あたしも今来たばっかりなの。とりあえず教室行ってみよ?

 

と 2人で教室に行くと  

 

「あっ! LINDAさん! すみません!」 

 

と 慌てた様子の 担任の先生がやってきて

 

 

あっ! 先生こんにちは!(*^▽^*)

何かあったんですか〜?

なんて 気軽に声をかけたら

 

 

「すみません。ちょっとこちらにいいですか?」

 

と 園内の端の方に呼ばれて・・・

 

 

??? どうしたんですか?」 

  

「実は今日 びっちゅちゃんを含めた 3人が」

「保育園から出て行ってしまいまして・・・」

 

 

Σ(・ω・ノ)ノエッ  出て行ったって?

 

「どうやら 3人で計画を立ててたらしくて・・・」

 

Σ( ̄▽ ̄i|||ノ)ノ 計画? 脱走って事ですか?

 

「はい そうなんです。」

「子供達が出てすぐ 職員が気付いて追いかけまして」

「今さっき 連れ戻した所なんです。」 

「本当に申し訳ありません!」

 

 

いやいや先生!」 

びっちゅが悪いです。こちらこそすみません!(>_<)

 

 

 

びっくりしました。 

 

保育園を脱走するなんて 思ってもみなくて・・・(・△・;)

 

 

 

「それで本人達から お話を聞いたんですが」 

「どうやら午前中から 計画を立ててたみたいなんです。」

 

 

Σ(゚∀゚*) そうなんですか? 午前中?

 

 

「そうなんです。 お昼寝が終わると」

 「お迎えの時間まで 自由に遊ぶ時間があるんですが」

「その時にみんなで抜け出そうと 考えたみたいで」

 「職員がすぐに追いかけて」

「○○ちゃん!止まりなさい!と名前を呼んだら」 

「他の2人は すぐに止まったんですが」 

「びっちゅちゃんは走り続けて 一番遠くまで行かせてしまって」

 

 

(・△・;)あのおばかさんは どこまで行ったんですか?

 

 

「他の2人は 園を出て すぐの所だったんですが」 

「びっちゅちゃんは その先の中学校の所まで・・・」

 

 

あの ばか! (;´д`)=3

 

 

 

家から保育園までは歩いて 5〜6分ですが 

その中学校は 家と保育園のちょうど中間地点でした。

 

 

「3人共 ケガはなかったんですが」 

「LINDAさん 本当に申し訳ありませんでした。」

「これは園の責任です。」

「大切なお子さんをお預かりしているのに・・・」

「園としましても 今後は絶対にこのような事が起こらないように」 

「対策していきますので・・・」

 

 

いえいえ先生! こちらこそ申し訳ありません!(>_<)」 

本当にすいません!(>_<)

びっちゅが悪いんです。」 

保育園を出ていいのか 悪いのかなんて

わかりきってる事ですから。迷惑かけてしまってすいません!

 

 

 

通っていた保育園の先生方は 本当にみなさんいい方達ばっかりで

子供の事をよく考えていて下さって 感謝していたんです。

 

 

なので 申し訳なくって 申し訳なくって・・・ 

もう平謝りでした。

 

 

 

他の2人のママ達は まだいますか?」 

 

「いえ。今さっき帰られたんです。」

 

そうですか。 先生本当にごめんなさい<m(__)m>

びっちゅには 2度としないように」 

よーくよーく言っておくので (>_<)

 

 

「でもLINDAさん。」 

「びっちゅちゃん すごく反省してくれたみたいで」

「今教室にいるんですが ずっと落ち込んでいます。(^▽^;)」

「もちろん 園の方でも今後は対策を強化させて頂きますし」

「びっちゅちゃんは もうしないと思うんです。」

「あんまり怒らないであげて下さい。(^▽^;)」

 

 

先生優しすぎです (T_T)

あたし めちゃくちゃ怒ります!

 

 

「いえいえ LINDAさん。」

「びっちゅちゃんは ちゃんと反省が出来る子なので 大丈夫です。」

「その証拠に ちゃんと落ち込んでくれていますし (^▽^;) 」

「ただちょっと やってみたかっただけ なんだと思います。」

 

 

そうなのかもしれないですけど・・・」 

ばかだな! あいつ!

 

 

「びっちゅちゃん 待ってるんで」

 「お迎えに行ってあげて下さい (^▽^;)」

 

 

わかりました。

すいません (>_<)」 

 

 

と 他の先生達にも謝りながら 教室に行きました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ご迷惑おかけしました。

と迎えに行くと

 

 

いつもは 「ママー\(^o^)/」 

と 飛びついてくるびっちゅも さすがに出てこなくて

 

 

「びっちゅちゃーん! ママきたよー!」

 

「LINDAさん。 あんまり怒らないであげて下さい。」

「さっきからずっと」 

「泣くのを我慢しながら 落ち込んでるんです (^▽^;)」

 

 

と またもや優しい言葉を 先生はかけて下さって。

 

 

 

 

すごすごと 出てきたびっちゅは 

目にいっぱいの涙をためて しがみついてきました。

 

 

LINDAは びっちゅをグッと引き離し 

 

(`・ω・´) わかってんの?」 と聞くと

 

涙を ぽろぽろこぼしながら 

 

(´;д;`)ウッ・・ごめんなさい」 と。

 

 

先生にごめんなさいして 帰るよ! (`・ω・´)」 

 

と 先生に ごめんなさいと さようならをして

 家に帰りました。

 

 

まったく! 

保育園脱走するヤツなんて 聞いた事ないよ ┐(‘~`;)┌ 

と思いながら・・・

 

 

 

家に帰ると ちゃーがいて いつもと違う雰囲気に・・・ 

 

ママ どうしたの?(・△・;)

 

どうもこうもないよ! びっちゅ脱走したんだってさ!

 

∑(✘Д✘๑) 脱走? びっちゅほんと?」 

 

(´;д;`)ウッ うん

 

ばかだねー! ママに怒られるよー (^▽^;)

 

当たり前だよね。

ボッコボコの ギッタギタの メッタメタだよ!(`・ω・´) 」

 

 

 

びっちゅは相当落ち込んでいるようで 

ずっと下を向いたまま 泣いて正座していました。

 

かなり怒られると思っていたようです。

 

 

 

びっちゅ? なんで脱走したの?

 

ちゃーはいい事聞くね!」 

そうだね 理由を聞いてみようか? びっちゅ なんで?

 

お家に帰りたかったの・・・」 

  

その表情に ちらっと嘘が見えました。

 

 

 

違うねびっちゅ! 本当は なんでなの?」 

この期に及んで嘘ついたら 本当に怒るよ?(`・ω・´)

 

・・・やってみたかったの・・・

(´;д;`)ウッ・・・ごめんなさい・・・

 

そうだよね。 びっちゅ いつも言ってるでしょ?

やっちゃった事がバレたら」 

言い訳のうそなんかついてないで 反省しなさい。

嘘ついたら そっちの方が怒るよ!」 

そんなヒマがあるなら しっかり反省しなさい。

 

ごめんなさい (´;д;`)ウッ

 

じゃー もういいよ。

 

え? いいの?(T_T)

 

反省してるんでしょ?

 

(´;д;`)ウッ はい

 

じゃー いいよ。 そのかわり2度目はないよ?

 

びっちゅがした事は

どんなに危なくて 悪い事か わかってるね?

 

(´;д;`)ウッ はい

 

わかったなら もういいよ。

じゃー ママはご飯を作ります!

 

 

と いつもの日常に戻り 食事の支度を始めました。

 

 

 

LINDAは 本人がしっかり反省している時は 

上乗せして怒るような事は していませんでした。

 

 

年齢と事柄にもよりますが 

叱る事の目的は 反省させる事だったので。

 

 

そのかわり 脅しはかけますが (^▽^;)

 

 

スポンサードリンク


 

 

夜 パパが帰宅して 事の成り行きを説明したら

 

「(*´∀`)アハハ 脱走?」  「そうなの。トホホ(;´д`)=3

 

「まぁ びっちゅっぽいって言えば」 

「びっちゅっぽいけどな (-ι_,- )クックック・・」

「でも もっとちゃんと叱った方が いいんじゃないか?」 

「迷惑かけたんだし・・・」

 

うん。どうしようかと思ったんだけどね。

でも 叱る理由って」 

悪かった事を理解して 反省させるためじゃん?

 

わかって 反省してる子を叱ってもなー と思ってさ。」 

もうしないとは 思うんだよね?

相当怒られると思って だいぶ緊張もしてたし (^▽^;)

反省としては 充分だと思うよ?

 

「まぁ そんだけヘコんでればな・・・」

「それにしても・・・バカだな あいつ ( ̄m ̄〃)プッ」

 

本当だよ!┐(‘~`;)┌

 

「びっちゅ まだ起きてる?」

 

起きてるよ。でももう 怒んなくて大丈夫だよ?

 

「わかったよ。 びっちゅー! ちょっとおいでー!」

 

 

 

と パパに呼ばれて 

ちょっと元気になりかけたびっちゅでしたが

また緊張した顔で やってきました。

 

 

「お前 やらかしたらしいね ( ̄m ̄〃)プッ」 

 

と からかわれ

 

「もうやったらダメだぞ」

「明日もう1回 先生に謝れよ」 

 

と言われて

またまた反省していました。(^▽^;)

 

 

 

その後は 2度と脱走する事もなく 

無事に 保育園を卒業しましたが

 

 

びっちゅの脱走事件があった後 

 

保育園の扉は しっかり鍵がかけられ

正面玄関には インターホンが付けられ

 

早めに迎えにきたママは 

インターホンで 先生とコンタクトを取ってから

先生がカギを開けにくる というシステムになりました。

 

 

 

ついこの間まで 

その保育園に こっちゃんが通っていましたが

 

たまーに 妹と一緒にお迎えに行って 

そのインターホンを見るたびに

 

先生方 あの当時はごめんなさい (T_T)

園長先生 ごめんなさい (T_T) 

 

 

と 思っています。(^▽^;)

 

 

LINDA

 

ぽんと応援おねがいします♪

  

                   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

0

スポンサードリンク

コメントを残す