呼ばないで! Ⅰ

 

 

 

こんにちは LINDAです(^O^)/

 

 

 

 

今日は 私の家で起きた

忘れられない怖い話を

したいと思います。

(||゜Д゜)ひぃぃぃ

 

 

怖い話が苦手な方は ご遠慮下さい。

 

 

スポンサードリンク


 

 

まだ 我が家に子供がいなかった

夏の事です。

 

とあるアパートの2階に

旦那と2人で住んでいました。

 

その頃 料理人をしていた

旦那の朝は早くて 

 

私は布団の中から

いってらっしゃいを言っていました。

(^▽^;)

 

 

 

キッチンからふすまを開けて

寝室。 

 

寝室の突き当りは

ベランダです。

 

 

私はいつも

ふすまに背中を向けて

ベランダの方を向いて 

 

お腹にタオルケットをかけて

寝ていました。

 

 

 

その日も いつものように

「行ってくるね」

という旦那に

 

いってらっしゃい

を布団の中から言って

 

ふすまが開いて 閉まる音 

 

旦那が玄関を出て

カチャカチャ ガチャン!

とカギをかけて

出勤する足音を聞いて

 

もうちょっと 寝よー

と のん気に思っていました。

 

 

その時です。

 

 

私が背中を向けている方の

ふすまが 

スーっと開く音がしたんです。

 

 

あれ?

忘れ物かな?・・・・・・

 

玄関の音・・した?・・・・」 

 

と思っていると

 

お腹にかけている

タオルケットを

クイクイっと引っ張られて

 

 

 

 

「何してんの?」

 

 

 

 

「ピキッ!(゚ロ、゚;)」

 

 

 

凍り付きました。

 

 

 

旦那の声じゃなかったんです!

 

 

 

聞いたことのない 男の人の声。

 

 

 

怖くて振り返る事もできないし

目を開けることもできません!

 

 

タオルケットは

まだ持たれてる気がするし 

 

まだそこにいる気がするし・・・

 

 

どうしよー!どうしよー

と頭の中はパニック状態!

o(T△T=T△T)o

 

 

 

でも確か こういう時は

弱気な姿勢はよくないと

誰か言ってた気がする!

 

 

あっち行け!

あっち行け!

勝手に部屋に入ってくるな!

 

 と

呪文のように 念じていました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

どれくらい そうしていたのか

何分経ったのか

全くわかりませんが

 

 

いつまで こうしていれば?」 

とか

 

まだいるの? 消えたの? どっち?

とかの 邪念も出てきて

 

 

ここは あたしの

家なんだからっ!」 

 

と パニックで

よくわからなくなった気持ちで 

勇気を出して 振り返りました。

 

 

そこには 誰もいなくて 

ふすまも開いていない

いつもの部屋。

 

 

 

何だったのよー!

誰だったのよー!」 

それでも怖かったので

旦那のお店に電話。

 

 

知らない人に

話しかけられたんだけどー!

 

タオルケット

引っぱられたんだけどー!

 

怖くて家にいれないー!

o(T△T=T△T)o

 

 

でも 霊感なんて

微塵も持ってない 旦那。

 

 

「そうなのー?」

「じゃーお店 手伝いにくるー?」

 

行く!行く! 手伝う!」 

 

と 急いで支度をして

夜まで 旦那のお店にいて

一緒に帰宅しました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

旦那の働いているお店は

結婚前まで 私も働いていて

 

お店の みんなも

人手がきたー!

と喜んでくれたので

助かりました (^▽^;) 

 

 

私が怖い思いをしたのは

この1回だけで

 

そんな事で

引っ越すわけにもいかず

(^▽^;)

 

 

その後も 

変な空気もなければ

嫌な予感もない

いつも通りの日常で

 

そっか

彼らはきっと移動してるんだよ

 

と自分を納得させて

忘れる事にしました。

 

 

まさか その数年後

ちゃーが生まれて 

 

再び 怖い思いをするとは

思わなかったんです。

 

 

続きは

呼ばないで!Ⅱ でお話しします。

 

 

LINDA

 

ぽんと応援おねがいします♪

  

                   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

0

スポンサードリンク

コメントを残す